滝藤賢一が広瀬アリスを“マジ殴り”して反響 『探偵が早すぎる』初回

拡大画像を見る

 俳優の滝藤賢一と女優の広瀬アリスが主演を務めるドラマ『探偵が早すぎる』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第1話が19日に放送され、滝藤演じる探偵が、広瀬扮する美人令嬢の頭を思い切りたたくシーンに視聴者から「滝藤さんマジ殴りしたwww」「広瀬アリスちゃんどついたの吹いた」などの反響が寄せられた。
 本作は、ささいな“違和感”や“ミス”を察知し、犯人が仕掛けたトリックを解き明かしてしまう“事件を未然に解決する”史上最速の探偵・千曲川光(滝藤)が、突如5兆円の遺産を相続することとなった美女・十川一華(広瀬)の命を守るため奮闘する姿を描く痛快コメディミステリー。

 小さな家の一室で、一華(広瀬)は、橋田政子(水野)からテーブルマナーを指導されていた。一華は幼い頃に母親を亡くし、それ以来、橋田が母親代わりとなっている。厳しすぎる橋田への愚痴を、大学の友人にこぼした帰り道、華は何者かに背中を押され道路に飛び出したところを車にはねられてしまう。

 一命は取り止めたものの、大ケガを負った一華。一方その頃、一華の命を狙った大陀羅朱鳥(だいだらあけどり)の娘、麻百合(結城モエ)は作戦の失敗を朱鳥にとがめられていた。が、すでに息子の壬流古が、とある男を雇い、次の策に乗り出していた。犯人は、一華の行動を観察し、ある場所に“毒物”を仕込む作戦に出るが、千曲川(滝藤)に阻まれてしまう。

 一方、橋田に連れられ高級ホテルへ向かった一華を待ち構えていたのは朱鳥を始めとする大陀羅一族。そこで橋田は、先日亡くなった大陀羅家の次男・瑛の5兆円の遺産は、すべて一華が相続することになっていると宣言。今後、一華を危険から守るために探偵を雇ったと橋田は言う。そこに現れたのが、千曲川だった…。

 頭脳明晰で何事も“早すぎる”スピード感の主人公をハイテンションに演じる滝藤について視聴者からは「滝藤さん顔芸w」「滝藤さん全開ww」など絶賛の声がSNSに殺到。一方、広瀬の思い切った演技にも「広瀬アリスが振り切ってて良い」「はっちゃけた演技が面白い」など称賛のツイートが次々とSNSに投稿された。

 ドラマの終盤、千曲川との契約書へのサインを拒否する一華は、手にしたペンで千曲川を刺そうとするも、すんでのところで千曲川は防御。その瞬間、仕返しとばかりに千曲川がフルスイングで一華の頭を“バチン!”とたたくと、一華は悶絶しながら「いたぁ~!!」と絶叫した。滝藤から広瀬への容赦ないツッコミと、それをオーバーアクトで受け止める彼女の女優魂に視聴者から「滝藤さんマジ殴りしたwww」「広瀬アリスちゃんどついたの吹いた」などのリアクションが寄せられた。

関連リンク

  • 7/20 11:17
  • クランクイン!

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます