闇に葬られた「放送禁止」作品(2)草なぎ剛、キムタク、井ノ原快彦、堂本剛も巻き込まれて…

拡大画像を見る

 まさか、そんな日が来るとは夢にも思わなかっただろう。スタッフも出演者も心血をそそいで作り上げた映像が、思いがけないそれぞれの理由で「放送禁止」に認定される──。そんな闇の歴史を、映画やドラマだけでなく、アニメもバラエティも含めて大公開!

     *

 視聴率の鍵を握るのは、タレントの人気。ところが、思わぬ落とし穴が待ち受けていた!

「いいひと。」(1997年、フジテレビ系)

 原作は「ビッグコミックスピリッツ」に連載された人気コミック。ドラマ化にあたり「主役とヒロインのキャラだけは変えないように」との原作者の意向を無視したため、高橋しんの原作クレジットが消える。さらに連載自体もこの件が引き金になり終了に至る。草なぎ剛の初主演ドラマは平均視聴率20%を超えたが、後味の悪さを残した。

「ギフト」(97年、フジテレビ系)

 キムタク主演のドラマで高い人気を誇ったが、放送終了後に事件が起きた。劇中でキムタクが使うバタフライナイフに憧れた中3の少年が、担任の女性教師を刺殺。それ以外にも少年たちのバタフライナイフによる犯罪が多発していたこともあり、再放送を地方局が即座に打ち切るなど、キムタクの黒歴史として封印されることに。

「終わらない夏」(95年、日本テレビ系)

 瀬戸朝香と井ノ原快彦の縁結びとなった共演ドラマだったが、おめでたい話どころではない悲劇が襲う。オンエアを重ねるうちに、紡木たくの名作コミック「ホットロード」のパクリではないかとの指摘が殺到。全話の放送後に制作サイドがその事実を認めたため、以降の再放送はもちろん、ソフト化も一切されないペナルティに。

「金田一少年の事件簿」(95年、日本テレビ系)

「ジッチャンの名にかけて」のフレーズでおなじみの人気コミックだが、堂本剛を主演にしたドラマ化の第1話でいきなりクレームが入った。そのトリックが、島田荘司の「占星術殺人事件」と酷似しているというもの。原作コミックにおいてはその事実を認めているが、盗用問題がドラマ化で再燃したため、以降は欠番扱いになった。

関連リンク

  • 7/17 17:58
  • アサ芸プラス

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

3
  • にべあ

    7/19 14:01

     ドラマのいいひと。を良かったって言ってる人は原作のなにが良かったか判ってないんだと思う。当時の原作ファンの怒りはすごかった。映像化するなら同じじゃつまらないとかぬかすバカ監督にはなら手を出すな、と言いたい。草彅がいい人だと言われるようになったからイケると思ったのか知れんが最低限原作読んで主人公を理解しろとつくづく思った。もし本人に会えるなら自分のせいで原作終わったけどどう思う?と聞きたいくらい

  • 朝陽

    7/18 21:05

    ギフトとあの刺殺事件に関連性があったのか。思えばあれこそが、これから起こる様々な教育問題の発端だったのかもしれないな。いいひとは名作だったからな。むしろ原作の方が知名度は低いだろうな。ある意味実写の成功例なんだが、原作者と喧嘩してるんじゃ意味ないなあ。金田一少年の事件簿に限らず少年漫画はテンプレとパクリのオンパレードである。まあ、オマージュと言い訳をするんだが

  • 堂本光一主演の「銀狼怪奇ファイル」も首なしライダーという話があるが、当時、頭のおかしな「酒鬼薔薇聖斗」と名乗った未成年による障害者の首切断という事件が起きたので、黒歴史扱いになったな。

記事の無断転載を禁じます