のん、テレビ出演激減も「女優時代より儲かっている」という意外な収入源!

拡大画像を見る

 7月13日に25歳の誕生日を迎えた女優・のん。

 6月からUHA味覚糖の「UHAグミサプリ」新CMに起用され、久しぶりにテレビで姿を見せている彼女だが、事務所移籍前の“能年玲奈時代”と比べると出番は激減。先日、出席したイベントで「今年の下半期は頑張って女優のお仕事も発表できたら」と意気込みを語った彼女だが、ブレイク作であるNHK朝ドラ「あまちゃん」時代からのファンにとっては寂しい状況が続いている。

 ネット上では「今も前所属事務所の圧力でドラマに出られない」といった憶測がまことしやかに囁かれているが、業界内では異なる見方も。のんの現状について芸能関係者が証言する。

「女優として活躍したいことに変わりはないと思いますが、今は他にもやりたいことで一杯のようですよ」

 そのひとつがミュージシャンとしての活動だ。

「5月に発売されたファーストアルバム『スーパーヒーローズ』は音楽業界でも大好評。彼女のミュージシャンとしての素養は折り紙付きです」(前出・芸能関係者)

 さらに「収入面でも女優時代より“儲かる商売”ができているともっぱらのウワサです」と同関係者。

 彼女は何で儲けているのか。

「現在の能年の収益源は『個展での芸術作品の販売』です。絵やオブジェなど彼女の個性が反映された作品ばかりなのですが、いずれもバカ売れ。300万円もする『ハムスターの巨大オブジェ』まで売れているんです」(前出・芸能関係者)

 テレビ以外で才能を発揮しているのであった。

(白川健一)

関連リンク

  • 7/15 17:58
  • アサ芸プラス

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

2
  • 言い方悪いかもしんないけど、芸術面でバカみたいに活躍できてるなら、いっそのこと女優辞めたらいいんじゃないの?売名だなんだで叩かれてもしょうがないでしょっていう状況だし。まぁ勝手な意見ですけどね。

  • センチャン

    7/16 11:56

    流石 奥播州の出身❗️😄

記事の無断転載を禁じます