「ペットは家族だから」 被災した市長の投稿に、全国の飼い主から称賛の声

拡大画像を見る

西日本を中心に起きた記録的な豪雨により、各地で大きな被害をもたらした『平成30年7月豪雨』。

多くの人が命を奪われ、多くの人が行方不明に。家屋も倒壊し、じん大な被害が報告されています。

被災地の避難所では、自宅に帰ることができなくなった人たちが身を寄せ合い、生活しています。

岡山県総社市、市長の投稿に「ありがとう!」の声

自身のTwitterを通して情報を事細かに投稿している、岡山県総社(そうじゃ)市の片岡聡一市長。

被害が拡大する前に総社市災害対策本部を設置した行動の速さや、迅速かつ正確なアナウンスに、日本全国から称賛の声が寄せられました。

「有能だ!」 大雨に見舞われた西日本、市長の対応に称賛の声

13日現在も、被災地支援のために活動している片岡市長。片岡市長のTwitterアカウントには連日、たくさんの報告が投稿されています。

そんな中、日本全国の動物好きから「ありがとう!」という声が寄せられている投稿が話題になっています。

環境省は飼い主に同行避難を原則としていますが、避難所でのペットの取り扱いは場所によって異なります。

2016年の熊本地震では、避難所でのペット受け入れが問題になったこともありました。

また、避難所では動物が苦手な人や、アレルギーを持っている人もいるため、トラブルが発生することもあるといいます。

そのため、ペットを飼っている人は「避難所に連れて行っても大丈夫だろうか」「もしトラブルになったら…」といった不安を抱いてしまうことでしょう。

ですが、片岡市長がペットの避難に力を入れ、「ペットは家族」と公言することで、多くの飼い主は安心できるのではないでしょうか。

ネット上では、被災した人以外からも、感謝の言葉が投稿されています。

・本当にそう!市長、ありがとうございます!

・その言葉、ペットがいる家族にはとても心強いです。

・ペットも大切な家族として対応してくれる総社市、最高!

・私の市では、即答で門前払いでした…。

写真は東日本大震災の時のもの

人間と動物という違いはあれど、ペットは大切な家族の一員。過去の震災でも、多くの飼い主がペットと共に避難所へ集まりました。

中には、避難所にペットを連れて来ることに対して、否定的な意見を持つ人もいるでしょう。しかし、そういった意見も踏まえ、避難所の中でしっかりとすみ分けができれば、救われる人は大勢います。

飼い主にとって、ペットは『可愛い我が子』であったり『頼りになるパートナー』であったりと、いろいろなのです。

今回の片岡市長の行動は、総社市に住む多くの飼い主の心を救ってくれたはずです。

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 7/13 11:54
  • grape

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

5
  • 賛否両論あるとは思います。 でも…… 崇高な前例を作って頂けた。 生き物の種なんて家族には関係ないんです。 市長さん、本当にありがとうございます

  • アレ持ちから言わせて貰うと同じ空間は嫌だな 薬も持って無かったら 悲惨な目に合うし・・・ 別の場所にペット連れ専用の避難場所を充実させるのは賛成

  • トリトン

    7/13 18:12

    糞みたいな市長がいる中こんな人もいるんだねまだ捨てたものではないな。

記事の無断転載を禁じます