GENERATIONS、1億円当せんで狂喜乱舞する姿が「可愛すぎ!」「神回」と話題に

拡大画像を見る

GENERATIONS from EXILE TRIBEが、『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系列、毎週木曜20:00~)に出演。彼らの人間性が試される企画に登場した。

今回の企画は、ボーカルの数原龍友が仕掛け人。「皆でお金を出してスクラッチくじを買おう」と提案したくじが1億円に当せんする……というもの。7人で買ったくじで突然大金を手に入れた時、メンバーがどんな人間性を見せるのかを検証した。

モニタリング前、数原は「子どもみたいにはしゃいで喜んでくれると思う」と予想。注目しているのは関口メンディーだそうで「どすグロい部分を引き出したい。どうにかして1番多く持って行こうとするのでは」と推測した。また、くじ購入の提案にメンバーが乗ってくれないことには企画が成立しないため「(小森)隼は意外とギャンブラー気質なので、乗っかってきてくれたらやりやすい」と話した。

いよいよモニタリングスタート。メンバーが揃ったところで、スクラッチくじの話題を小森に振る数原。「一緒に買わへん?」と持ちかけると小森は「いいっすよ」とノリノリで返答する。これをきっかけに他のメンバーに共同購入を呼びかけると「面白そう!」と当初の心配をよそに乗ってきた。その後、メンバーが収録している最中にスタッフが買いに行くという流れになった。

偽くじをメンバーに渡すマネージャー。すると突然小森が「10万円、100万円、3,000万円、1億円運命の分かれ道」と謎の言葉を発し、スクラッチを削り出す。なかなか当たらないため諦めかけるメンバーだったが、中務裕太が「えっ?」と驚き「ちょっと待って」と楽屋を歩き回る。「当たっているのでは?」と色めき立つメンバーが確認するとそれは1億円の当せんくじ。

「1等やぁ~!」と狂喜乱舞する面々。しばらくハイテンションは続き「1億だぁ~!」「イェ~イ!」と喜び合うのだが、冷静になったメンディーは外に向かって「すみません間違えでしたー」と叫び、マネージャーらに当選がバレないように隠ぺい工作を図った。

その後、「言い出しっぺは俺」「アシストしたのは僕」などモメるが、1億円を7人で割ろうということで落ち着く。しかし、EXILEとしても活躍するメンディーと白濱亜嵐はツアーに出ることから「5人で割ろう」との提案が……。それを聞いた白濱は「え~! 欲しいけどぉ~!」と返し、話がまとまらない様子を見せる。

ここで数原が「グループのために使おう」と提案してみると、それぞれ個人で楽しみたいという気持ちが強いらしく、小森は「引っ越したいんですよ」と切実な願いを吐露した。続けて片寄涼太が「(プライベートで集まれる)ジェネの家とか建てちゃう?」と話すと「いいですね」「足りるかな?」などと大盛り上がり。そんな中、中務が当せんについて「ウソだと思った」とこぼすと、メンディーが「どういうこと?」と言いながらカメラや仕掛け人を探し出そうとする。

同じく疑念を持った小森にカメラを見つけられたところでモニタリングは終了。メンバーが「うぁ~」と残念がると、小森は「真面目に歴史が変わると思った」と落ち込んでいた。彼らの行動にネットでは「可愛すぎ」「7人いいキャラしている」「神回だった」と特にファンが大喜びだった。

このほか、人気の老人アスリート企画特別編として、土屋太鳳率いる金曜ドラマ『チア☆ダン』メンバーがおばあちゃんに変身してチアダンスを披露していた。

関連リンク

  • 7/13 11:00
  • テレビドガッチ

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます