知英、レーシーなドレスで美背中&美脚を開放! 韓国“凱旋”レッドカーペット参加

2014年より日本で女優として活動を始め、1人7役のドラマや映画など数々の作品に出演してきた知英が主演映画「殺る女」を引っ提げ凱旋帰国。7月12日に韓国の「プチョン国際ファンタスティック映画祭」で初のレッドカーペットに登場した。

知英は「レッドカーペットは、4月の沖縄映画祭以来ですが、あの時は雨で皆さん大変でしたが、今回は故郷韓国で、天候にも恵まれてうれしかったです。レッドカーペットが長くてびっくりしました!」と感想を語った。

同映画祭は、アジアを代表するジャンル映画祭として「ラブ、ファンタジー、アドベンチャー」をテーマに掲げて上映されており、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」や「ヨーロピアン・ファンタスティック映画祭」連盟などと共に協力し、ジャンル映画の普及に努め、アジア最大ともいえる映画祭の一つだ。

この日韓国は2018年一番の猛暑の中、知英は大胆な背中と美しい脚のラインが透けて見える妖艶なドレスで、日頃から運動で鍛えた美しい体を披露。

かつて韓国で活動していた頃のあどけない少女の姿からは想像できない“大人の女性”として現地の報道陣・観客2000人を魅了した。

4月に行われた沖縄国際映画祭では、知英の主演映画「レオン」が観客の人気投票で決まる観客賞を受賞。

7月14日(土)に公開となる主演映画「私の人生なのに」では、オリンピック候補選手として将来を期待されながらも、脊髄梗塞で倒れ下半身麻痺となってしまう主人公を演じる。

そして今回、復讐(ふくしゅう)のために殺し屋になった女性を描いた10月27日(土)公開の主演作「殺る女」が、プチョン国際ファンタスティック映画祭2018World Fantastic Red部門に正式出品された。

過去には俳優の瑛太や松田龍平などが登場したこの映画祭に、堂々“日本映画作品の代表”として知英が招待され、映画祭に華を添えた。

あらためて知英は「故郷の韓国の大きい映画祭に参加できて光栄です。レットカーペット歩くときにみんなからジヨンこっち見て! 後ろ振り向いて! と声掛けてもらって、ありがたかったです。

久々韓国に来てファンの皆さんに会えたことが何よりうれしいです」とコメントを寄せた。(ザテレビジョン)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/12 22:07
  • ザテレビジョン

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます