星野源 公開プロポーズされた「台本があったかのような、これ以上ない進行をありがとう!」

拡大画像を見る

 音楽家で俳優の星野源(37)が12日、大阪市内で開かれたアニメ映画「未来のミライ」(監督細田守、20日公開)の親子試写会で上白石萌歌(18)、黒木華(28)とともに舞台あいさつした。子どもからの「どうして結婚しないんですか?」という直球の問いかけに、「なにその質問〜」と崩れ落ちた。

 浪速の子どもたちは今や国民的人気を誇る星野にも容赦なかった。独身の理由を聞かれ、「(結婚)したいです。したいです、はい」と吐露し、「相手を誰か探して下さいよ。募集!」と懇願した。質問した少女に「どういう人がタイプなの?」と質問を返した。返答に困る相手に、「星野源…」と船場吉兆の女将のような?ささやきで、強制的に自分の名を言わせて、にんまり。「そういう(結婚についての)質問するのが悪いんだぞ」と言って、笑わせた。

 結婚話はこれで終わるかと思われたが、直後に別の少女からは「好きです、結婚してください」と公開プロポーズ。星野は「まさかの、結婚相手現る!」と驚き、並んで笑顔。「台本があったかのような、これ以上ない進行をありがとう!」と、フリからオチまでの流れるような展開を生み出した子どもらのファインプレーに感謝した。

 同作では主人公・くんちゃんの父親の声を担当。「星野さんみたいなお父さんだったらお子さんもうれしいだろうな」と話す司会者に、「本当かい?今、唐突に声が大きくなったから台本に書いてあるのかと思った」と疑いの目を向け、笑いを誘っていた。

  • 7/13 1:25
  • スポニチアネックス

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます