クロアチアの歓喜にのみ込まれたカメラマン「選手がどんどん押し寄せてきて…」【ロシアW杯】

拡大画像を見る

【クロアチア 2-1 イングランド ロシアワールドカップ準決勝】

 現地時間11日に行われたロシアワールドカップ準決勝で、クロアチアは延長戦の末、イングランドに2-1で勝利した。この試合で話題になったカメラマンが、クロアチアの選手たちとのやりとりを明かした。英紙『デイリー・ミラー』などが伝えている。

 1-1で延長戦に突入したこの試合。109分に勝ち越し弾を決めたクロアチアは、喜びが爆発した。ひとしきり盛り上がったクロアチアの選手たちの中に、1人のカメラマンがいたことは、国際映像で全世界に届いている。

 そこにいたのが、『AFP通信』メキシコ支社のユーリ・コルテス氏だ。

 コルテス氏はその瞬間を振り返り、「選手たちがきたとき、私はカメラをかえていた。どんどん押し寄せてきて、彼らは私の上に落ちてきたんだ。クレイジーだった。彼らは大喜びしていた。そして、その下に私がいることに気づいたんだ」と述べた。

 その後は世界中が映像で見たとおりだ。「選手たちは私に大丈夫かどうかを尋ねてきた。ほかの選手は私にキスをしたね」と話している。

関連リンク

  • 7/12 18:18
  • フットボールチャンネル

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます