バルサ、昨夏に続きラビオ獲得に動く…PSGとは契約を延長しない意向か

拡大画像を見る

 バルセロナがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオの獲得に興味をしているようだ。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が11日に報じている。

 同紙によると、バルセロナはラビオのテクニックに加え、23歳という若さと191センチの高さを評価しているという。また、ラビオは2019年6月30日で満了するPSGとの契約を延長しない意向のようで、バルセロナは獲得交渉のため、すでにエリック・アビダルGM(ゼネラルマネージャー)らをパリに派遣していると伝えられている。

 バルセロナがラビオの獲得に興味を示したのは今回が初めてではない。昨夏にブラジル代表FWネイマールがバルセロナからPSGに移籍した際に、バルセロナ側は移籍金の一部としてラビオの譲渡を望んでいたが、PSG側が拒否したことで成立しなかった。

関連リンク

  • 7/12 18:28
  • サッカーキング

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます