激ヤセしたマライア・キャリー、3回の衣装替えで美ボディを披露!

このところメディアの前に姿を見せていなかったマライア・キャリーが、ラスベガスの定期公演でシーザーズ・パレスのザ・コロシアムに再臨!4着の衣装で美ボディを披露した。

2017年の4月に約2年間のラスベガス定期公演を終えたマライアは、今年4月に双極性障害を告白。復帰が心配されたが、新たな定期公演「The Butterfly Returns」で、再び同地を踏みしめた。

激太りから一転して美しく激ヤセしたマライアは、同コンサートでも美ボディを保っていることを証明。さらには、プランジネックの、白とシルバーの裾にファーがあしらわれたドレス、プランジネックに大きなスリットの入ったケープ付きの赤いスパークリングドレス、黒いワンピース水着型のインナー、オーガンジーのスカートドレスと衣装替え。

センター分けのブロンドストレートから、最後は横分けウェイビーヘアとメタリックシルバーのフリンジドレスで、エレガントかつゴージャスに変身し、4着のドレスで観客を魅了した。

相変わらず、顔もナチュラルながらもシワひとつないことから、これらを見たネットユーザーや実際にコンサートに行った人々からは「とにかくゴージャス!」「なんて綺麗な48歳」「手術して大成功」「マライアほど、痩身で綺麗になった人はいないと思う」「あのナチュラルで若々しい顔はどうやったらキープできるの?」「ポスターに偽りなしの美ボディ」「コンサートすごくよかった!」「生きるレジェンド!」「コンサート行きたい」といった絶賛の声が寄せられている。(Movie Walker・NY在住/JUNKO)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/11 22:45
  • MovieWalker

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます