斎藤佑樹「引退間近」で人脈作り? 次なる道は長嶋一茂!?

拡大画像を見る

 甲子園のアイドル“ハンカチ王子”として日本中を熱狂させた、北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹がついに三十路に突入した。

 2011年、鳴り物入りでプロ入りした斎藤だったが、ここ数年はまったく結果が出ず、毎年“背水の陣”と言われている状況だ。入団8年目の今年も、1軍登板はわずかに2回。12日の阪神タイガース戦では、30歳になって初めて先発のチャンスを得たが、4回8安打7失点の大炎上で降板した。

 引退の2文字が現実味を増すばかりだが、当の本人は“どこ吹く風”なのだという。

「6月6日が誕生日の斎藤投手は、都内のバーで30歳のバースデイパーティを開いたそうです。これがシーズン中にもかかわらず、お笑い芸人や現役の女性アイドルを何人も呼び出して、そうとう派手にやってたようなんですね。今季はずっと2軍暮らしなのに、いまだにスター気分かと球界関係者はあきれていますよ」(芸能プロ関係者)

 プロ野球はもうすぐ前半戦が終了。後半戦、このまま2軍暮らしで終わるようであれば、30歳の結果が出ない投手に、厳しいオフが待っているのは間違いない。

「斎藤は、今オフの放出が濃厚のようです。その場合、かねてから興味を示していた東京ヤクルトスワローズが獲得に動くのでは、と目されています。ヤクルトは移籍してきた引退間近の選手が次々と大活躍するため、“再生工場”とも呼ばれる球団。早稲田大出身の斎藤は、神宮のスターでもありましたから、最後の花道を飾るにふさわしい場所かもしれません。斎藤にしてみても、東京に来ることでメディアや芸能界がより近くなりますから、願ったり叶ったりじゃないですか」(スポーツ紙記者)

 しかし一方、前出の芸能プロ関係者はまた違う見方をする。

「盛大な誕生会もそうですが、斎藤投手が芸能関係者と積極的に交流しているのは、引退後を見越してじゃないか、という噂もあります。実は斎藤投手は、人脈作りに必死なようなんですよ。いつクビを切られてもおかしくない立場なのは本人も自覚しているでしょうから、就職活動の一環なのかもしれません」

 本人としても、今オフでの引退を視野に入れているということか。確かに、低迷しているとはいえ、もともとは“甲子園の大スター”。引退となれば、いずれにせよ芸能界が放っておかないだろう。こうなると、次の一手が注目される。

「いまだにお茶の間の知名度は抜群ですから、手堅いところではスポーツキャスター、端正な顔立ちを生かしての俳優転身もありえます。あるいは、叩かれても動じない精神力を買って、長嶋一茂ばりのコメンテーターなんて線もありますね」(同)

 はたしてハンカチ王子の行く末はいかに?

関連リンク

  • 7/11 21:15
  • 日刊大衆

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

4
  • ソフィア

    7/18 11:35

    斎藤雄器でゲイビデオにでるとか。相方は元日大コーチで

  • トリトン

    7/14 7:56

    ヤクルトでは駄目だろう長嶋の息子も駄目だったから中日の方が良いかもね松坂も使ってもらえてるみたいだし目があるかもね、芸能人になるなら駄目だろうけどね、

  • 氷月響鈴

    7/14 7:42

    今、遊〇王(再)見てます。いいよね主人公は、事実上実在しない効果でも主人公というという特権を生かして、、、。現実に生きている我々を敵対視して今後に夢と現実生活の差を見出だして何がしたい?

記事の無断転載を禁じます