「いつもゲスいのに…」 被災地へ向けた有吉弘行のコメントに驚きの声

拡大画像を見る

毒舌で切れのある発言が持ち味のタレント・有吉弘行さんが、2018年7月6日から発生した『平成30年7月豪雨』の被災地へ、応援の言葉を投稿しました。

『平成30年7月豪雨』では、京都、広島、岡山など、多くの府県で甚大な被害が報告されています。

有吉さんの出身地である広島県も大きな被害を受けており、いつも以上に被災地が心配なのかもしれません。

普段とは少し違う有吉さんの真面目なツイートに、多くの人が優しいコメントを寄せていました。

・有吉さんのご実家やご家族は無事でしょうか。無事をお祈りします。

・これ以上被害が広がらないように、本当に気を付けてください。

・優しい言葉に感謝しています。ありがとうございます。

普段はふざけたコメントが寄せられている有吉さんのツイート。

「いつもはゲスい言葉が多いのに、優しい言葉がたくさんで胸が熱くなりました」「とうとう化けの皮をはがしたな、善人め!」というコメントも寄せられていました。

『平成30年7月豪雨』は被災地域が広く、また、雨の降っていない状況でも川が氾濫することがあるため、細心の注意が必要です。

自衛隊など復旧作業に取り組む人たちが、二次災害に巻き込まれないことを願わずにはいられません。

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 7/11 10:03
  • grape

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます