松坂大輔&江川卓、夏の甲子園「怪物たちの名勝負」

拡大画像を見る

 今年のプロ野球オールスターのファン投票、セ・リーグ先発投手部門で39万4704票もの支持を集め、トップに立ったのが中日の松坂大輔だ。

 西武やメジャーでの活躍もさることながら、彼がいまだに絶大な人気を獲得しているのは、何より横浜高校の豪腕エースとして、夏の甲子園で大活躍した姿が強く記憶に残っているからだろう。

 松坂がその怪物ぶりを見せつけたのは、98年の第80回大会。準々決勝の横浜対PL学園戦だ。試合は、両者譲らず5対5のまま延長戦へ。11回表と16回表に横浜が1点を入れてリードするが、そのたびにPL学園が追いついた。

「17回表に横浜が2ランホームランで突き放すと、ついにPLは力尽き、3時間37分に及ぶ激闘に終止符が打たれました。2人の投手を継投させたPL学園に対し、松坂は一人で17回を完投。その鉄腕ぶりにあらためて注目が集まりました」(スポーツ紙デスク)

 翌日の準決勝でも1回を投げ、逆転劇を呼び込んだ松坂は、決勝戦では京都成章高校を相手にノーヒットノーランを達成するという離れ業まで見せている。

 そんな怪物・松坂がまだ生まれる前にも、「怪物」と呼ばれた投手がいた。作新学院の江川卓だ。「栃木の作新学院に超高校級の投手がいる」という噂は全国に広がっていたものの、江川が甲子園に出場したのは3年生の春が初めて。ここで噂通りの剛速球を見せつけ、満を持して夏の大会に乗り込んだのだが、予想だにしない結末が待っていた。

 それは、73年の第55回大会。2回戦の作新学院対銚子商戦だ。実は、この両校は前年の秋の関東大会で対戦。江川に20奪三振を喫していた銚子商業は「打倒・江川」に燃えていたのだ。「銚子商は、積極的に作新学院に練習試合を申し込んで、江川のデータを集めていたそうです」(当時を知る元記者)

 しかし、江川を打ち崩すことはできず、0-0のまま試合は延長戦に突入。やがて甲子園に激しい雨が降ってくると、江川のピッチングが狂い始める。延長12回裏。四球、安打、四球で一死満塁となり、次の打者も3ボール2ストライクのフルカウント。この絶体絶命の場面で、江川はタイムを取り、野手をマウンドに集めた。

「江川が“真っすぐ投げてもいいか”と聞くと、チームメイトは“お前の好きな球を投げろよ。俺たちがここに来られたのも、お前のおかげだから”と答えたそうです。この瞬間、江川が怪物、怪物と騒がれすぎたせいで、バラバラになっていたチームが再びひとつになったといいます」(前出の元記者)

 しかし、江川が投じた渾身のストレートは大きく高めに外れ、押し出し四球。作新学院はサヨナラ負けで、怪物・江川の高校野球は終わった。

 夏の甲子園には、まだまだ「伝説の名勝負」が存在する。現在発売中の『週刊大衆』7月23日号では、王貞治、荒木大輔、KKコンビ、田中将大など、甲子園のレジェンドたちにまつわる熱闘をプレイバックしていく。

関連リンク

  • 7/11 10:00
  • 日刊大衆

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます