加藤綾子が堂々の「女優継続宣言」目指すは“第2の八木亜希子”!?

拡大画像を見る

 6月24日に最終回を迎えたドラマ『ブラックペアン』(TBS系)。嵐の二宮和也(35)が主演を務めたこの作品は、春クールトップの平均視聴率を叩き出した。

 そんな同作にあって、特に話題となったのが加藤綾子(33)の演技。女子アナとして圧倒的な人気を誇る彼女の女優業本格挑戦には、放送前から大きな注目が集まった。

 カトパンは、17年に『世にも奇妙な物語』(フジテレビ刑)で女優デビュー。そして現在放送中の朝ドラ『半分、青い。』(NHK)にもゲスト出演している。『ブラックペアン』では、元看護師の治験コーディネーター役という難しい役どころを演じた。

「前に出演した『世にも~』は短編でしたし、朝ドラは女子アナ役。本格的な演技は『ブラックペアン』が初めて。カトパンは現場ですごく緊張していたようです。アナウンサーらしくセリフ覚えは完璧だったらしいですが、緊張のせいなのか、残念ながら肝心の演技がイマイチの評価でしたね」(テレビ局関係者)

 ドラマの放送がスタートすると、女優・カトパンへの厳しい意見が続出。ネットには「棒演技」「下手すぎる」といった悪評が相次いだ。

「ただ、回を追うごとに演技の評価も変わっていって、最終回の頃には“うまくなった”“味がある”と好意的な反応が増えていました。本人もすっかり味をしめたのか、6月に行われた『ブラックペアン』の打ち上げの席であいさつに立った際、“演じることの難しさから、だんだん楽しさが分かってきました。今後も女優に挑戦していきたいです”と、堂々の女優宣言をしたようですよ」(同)

 女子アナから女優への転身――。カトパンの意欲とはうらはらに、女子アナから女優で成功した人物は数少ない。もっとも有名なのは、NHKアナウンサーから女優に転身した故野際陽子さんだろう。まさに女子アナ界のレジェンドともいえる存在だが、カトパンにとっては、もっと身近な成功例がある。

フジテレビの大先輩に触発?

 それは元フジテレビアナウンサーの八木亜希子(53)だ。

「八木さんは、脚本家で映画監督の三谷幸喜さんに抜擢される形で本格女優デビューしました。最初はそんなに演技の評価も高くなかったようですが、気づけば朝ドラから大河ドラマまで有名作品に続々と出演。今や立派な名女優ですよね」(映画ライター)

 八木亜希子とカトパンには、元フジテレビの看板アナ同士、『めざましテレビ』メインMC経験者、明石家さんま(63)との長い共演歴など、共通点は多い。そんな身近な先輩が活躍する姿に、カトパンが触発された部分もあるだろう。

 ただ、カトパンの女優宣言には、やむにやまれぬ裏事情も含まれているようだ。

「実力ナンバーワンの有働由美子アナ(49)がNHKを退社しましたし、日本テレビの水卜麻美アナ(31)もフリー転向が近いと言われていて、今のキャスター界は飽和状態。現実的に、最近のカトパンはMCやキャスターの仕事が減少傾向にありますから、カトパンの女優業には、“差別化”という戦略もあるのでしょう。もちろん演技力に磨きをかけるのは必須としても、“女子アナ女優”として活路を見出したほうが可能性は広がりそうです」(芸能プロ関係者)

 はたして“第2の八木亜希子”になれるのか。加藤綾子の次回作が待ち遠しい。

関連リンク

  • 7/10 21:15
  • 日刊大衆

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます