被災者「助けてください!」 救助を高須院長が断った理由に称賛の声

拡大画像を見る

西日本を中心に降り続けた記録的な豪雨『平成30年7月豪雨』により、家屋浸水や土砂崩れなど、各地でじん大な被害が相次いで発生。

救助を求める声がTwitter上にも多く投稿されました。

そんな中、災害時に多額の寄付をしたり、ヘリで救援物資を届けたりしている高須克弥院長にSOSが届きます。

「人助けに積極的な高須院長なら助けてくれる」「拡散してくれる」と投稿者さんは考えたのかもしれません。

しかし、高須院長から返ってきた返事はこのようなものでした。

すでに自衛隊と消防隊の専門家の出番になっています。私のヘリコプターは現状では足手まといです。

支援活動を積極的に行うとはいえ、高須院長は一般人。現段階では、専門知識を持つ自衛隊などの邪魔になってしまうため、「ヘリコプターは出せない」と断ったのです。

被災地の倉敷市では、個人からの支援物資が救助活動などを行う自衛隊の通行の妨げになるという問題が発生ました。「助けたい」という気持ちが逆に邪魔をしてしまったのです。

助けたい気持ちも強くあったでしょうが、現状を踏まえ高須院長は活動を自粛。

高須院長の決断に、称賛のコメントが寄せられました。

・状況を冷静に判断して決断する。さすが一流の人がいう言葉は重みがある。

・勇気ある判断だと思います。救助を断ることは胸が痛むでしょうが、二次被害を回避するため訓練を受けた自衛隊に任せるのが一番です。

・高須院長の英断を支持します。プロの仕事を邪魔してはいけない。

被災後、すぐに一般人ができることはあまりないのかもしれません。しかし、義援金の寄付などを行うことはできます。

助けたい気持ちをグッとこらえて、1番力を発揮できる状況を見極める高須院長を見習いたいものですね。

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 7/10 18:12
  • grape

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

27
  • レイルさん、輸送艦で行っても道がどうなっているか分からないので、そこは何とも言えないですね。今回の救援物資は奥まで入れず何㎞も手前の道路上に置かれているのが問題視されてました。気持ちはあっても現地の人が欲しいタイミングで受け取れないと自己満足になるだけだし、難しいですね。

  • レイル

    7/13 12:56

    確かに高須氏のヘリでは、積載量もたかが知れてるしここは、専門家に任せるのが一番ですよね。 後、海岸沿いの町へ救援物資を送るんなら海自の輸送艦で持って行く事ってできないのでしょうか? 陸路での輸送よりたくさん運べると思うんですが -_-b そこから各地に送るとか。 これから現地にボランティアで入る方は、水、食料は、各自で用意してください! 現地では、全て不足しています! よろしくお願いします!

  • もふ

    7/13 8:58

    自衛隊と民間のヘリが同じことできるって思ってる人、結構いるんだね

記事の無断転載を禁じます