「うるさいよねー」「子ども連れてくんなよ」 チラ見してくるカップルが、そんな会話をしていると思ったら?

拡大画像を見る

1歳の息子さんを育てている、うめきゅー(@takashi_201705)さん。ある日の飲食店で体験したことをTwitterに投稿し、たくさんの人々を驚かせました。

チラ見してきたカップル

うめきゅーさんはお昼ごはんを食べるため、息子さんを連れて洋食店に入りました。

すると、息子さんが自分の料理を待てず、大きな声を出してしまいます!

店内に響いた子どもの声に、周囲も反応。向こうのカップルは、顔を寄せ合ってヒソヒソ話を始めました。

一体、どんな非難の言葉がささやかれているのかと思ったら…。

男性「このオモチャ、あげようかな?」

女性「間違って飲み込んじゃうかもしれないし、やめたほうが…」

※写真はイメージ

2人とも非難をしていたのではなく、息子さんの心配をしていました!

男性は自分に何ができるかを考え、女性は子どもの安全を考慮しています。

カップルのやり取りは続いて…。

「子どもの声がうるさい」と非難しようとする人を、先に封じるような発言をしたカップル。このやり取りに、うめきゅーさんは心が救われる思いがしました。

投稿を見た人たちからは、「素敵な話」「超いい人たち」などのコメントが寄せられました。

【ネットの反応】

・自分も、このカップルと同じように親子を応援できる人になりたい。

・子どもはうるさいもの!それを忘れた大人が多すぎるんだよね。

・このカップル、何年か後にいいお父さんとお母さんになるんだろうな。

子どもと一緒に外出した親は、時に肩身の狭い思いをします。

中には、「子どもが小さいうちは外出なんてしなければいいのに」「さっさと黙らせてよね」など、心ない言葉を投げつけてくる人も。

そんな経験をしてきた人が、子どもの存在をそのまま受け入れてくれる人たちに出会ったら、どれほど嬉しいでしょうか。

子どもはもちろん、さまざまな人に対して寛容な社会になることが望まれています。

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 7/10 15:49
  • grape

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

8
  • ゴン

    7/12 7:51

    子供はうるさいもの!分かるけどうるさいにも限度かあるけどね。例えば部屋中を走り回る。

  • 子供が騒ぐのは仕方ない。嘘でも親が「静かにしなさい」とか「他の人に悪いでしょ」とか、言い聞かせたりする気遣いがあれば許せる。 「子供は騒ぐもので何が悪い」みたいな考えで、騒いでるガキを何も注意せずに放置したままのバカな親が許せないだけ。 嘘でも我が子を少し大きな声で叱るフリくらいはしろよってな。

  • 1才はしょうがないからねー。でも、私は子供嫌いだったから、自分が子供産むまではこういううるさいのダメだった。子供育てて「しょうがない」って微笑ましく思えるようになった。子供いなくても優しい人もいるし、子供と関わっててもダメな人もいる。これは個個人で消化していく事象なんでしょうね。

記事の無断転載を禁じます