京都の“穴場”観光スポットを勝手にランキング!

拡大画像を見る

京都は何度行っても素晴らしいところですよね。
定番から穴場まで一度の旅行じゃ回りきれないほど、観光スポットが目白押し!
そんな中から今回は、”穴場”の観光スポットだけに焦点を絞ってランキング形式でご紹介。
次の京都旅行は、いつもより一層深いスポットを巡ってみてはいかがでしょうか。  ※このランキングは筆者の独断で決めたものです。


4位. 瑠璃光院(るりこういん)


pixta.jp


pixta.jp


瑠璃光院は年に二回輝きを増します。
1度目は青葉の頃、2度目は錦秋の頃に、それぞれ違った姿で私たちを迎えてくれます。
2階の窓にいっぱいに広がる青もみじ/紅葉は廊下や床に反射し、視界の大半が目の前の自然に覆われた瞬間、まるで時が止まってしまったかのような感覚に陥ってしまいます。
瑠璃光院は、春は4月から6月にかけて、秋は10月から12月まで、それぞれ2ヶ月間だけ拝観が許されるという、特別な名所。
夏休みに行っても、院内へ入れてもらえないのでご注意を!


<スポット情報>
瑠璃光院
住所: 京都府京都市左京区上高野東山55
電話: 075-781-4001


3位. 夜の醍醐寺(だいごじ)


pixta.jp


醍醐寺は、874年に醍醐山上に理源大師聖宝が、密教の道場を開校したのが始まりと言われ、1000年以上の歴史を持つ荘厳なお寺です。
京都にはライトアップされる様々な紅葉のスポットがありますが、ここ醍醐寺にはその中でも珍しく池があり、ライトアップされた逆さ紅葉がご覧になれる数少ないスポットとなっています。
夜間ライトアップは秋の終わりの二週間だけ(2016年は11月18日~12月4日)なので、期間限定の珍しい夜の醍醐寺を、ぜひ一目見に行ってみて下さい。


www.jalan.net


<スポット情報>
総本山 醍醐寺
住所: 京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
電話: 075-571-0002


2位. 嵯峨野 竹林の道


www.jalan.net


pixta.jp


嵐山に行ったらここは訪れるしかありません!
ここ最近、人気に火が付いてきた嵯峨野の竹林の道です。
まっすぐに伸びる青々とした竹に囲まれると自然と一体化したような感覚に陥ります。
たまにはスマホを宿に置いて大切な人と一緒にこうした自然の中を歩くのはいかがでしょうか?
昼間に行くとやはり多くの観光客の声などで、多少なりとも景観が削がれてしまう、という人気ゆえのジレンマがあるので、本当にこの竹林を味わいたい方は、人のいない明け方に行くことをお勧めします。


<スポット情報>
嵯峨野竹林の道
住所: 京都市右京区嵯峨小倉山田淵山町
電話: 075-861-0012


1位. 嵐山遊覧船


www.jalan.net


嵐山は何度行ってもいいところですよね。
今回の旅行では船の上という新たな視点で嵐山を味わってみてはいかがでしょうか。
桂川に掛かる、かの有名な渡月橋も普段では見られない角度で眺めることができるなんてステキですね。
貸切船の場合はご飯なども持ち込み可能なので、美しい紅葉を見ながらランチを楽しむなんてこともできちゃうんです。
船頭さんがゆっくりと漕ぎながら、嵐山の歴史を語ってくれるので、それをBGMに嵐山の景色を楽しみましょう。


pixta.jp


紅葉はただでさえ美しい京都の景観に色化粧を施してくれます。
特にここ嵐山は京都市内から距離があるため、雑多としていなくのびのびとした自然が広がっていますよ。
秋にはぜひ屋形船から嵐山の紅葉を満喫しましょう。


<スポット情報>
嵐山駅
住所: 京都府京都市右京区嵯峨天竜寺車道町 11-1
電話: 075-801-2511


【番外編】麺屋 極鶏(ごっけい)


www.jalan.net


瑠璃光院へ向かう際、ランチにここへ足を運んでみるのはいかがでしょうか?
瑠璃光院がある八瀬比叡山口駅の4つ手前の駅の一乗寺駅で降り、歩いて5分の所に位置するこのラーメン屋。
なぜこのラーメン屋が全国的に有名かというと、理由はそう、スプーンが立つからです。
正しく述べると、スプーンを垂直に刺すと、そのまま立つほどスープが超濃厚であるからです。
水分が少なくなるほど丁寧に煮込んだ鶏スープに麺が文字通り絡みつきます。
経験として、人生で一度は食べておきたい一品ですね。


<スポット情報>
麺屋 極鶏
住所: 京都府京都市左京区一乗寺西閉川原町29-7
電話: 075-711-3133


あなただけの京都を発見する旅へ


pixta.jp


今回の観光スポットランキングはいかがでしたか?
京都には、まだまだ知らない魅力があります。
テーマを決めて京都を回るのも楽しいかもしれませんね。
次の旅行は新たな京都を発見する旅にしてみませんか?

関連リンク

  • 7/11 6:01
  • aumo

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます