祖父「アイス半分こしよう」 予想外の展開に、孫「えっ!?」

拡大画像を見る

気温が上がってくると、冷たいものが恋しくなるもの。ついつい、コンビニやスーパーでアイスを手に取ってしまいますよね。

「今日は暑いね」と話しながら、複数人でアイスをシェアするのも一興。

アイスの中には、シェアするのが前提のパッケージも。2つに割るタイプや、個包装のタイプは人気です。

祖父に「アイス半分こしよう」といわれたものの…!?

「アイス半分こしよう!切ってくるね」

ある日、祖父にそういわれたむすびめ(@bime_0965)さん。

祖父が持っていたアイスは、少しお高いハーゲンダッツ!カップタイプのため、2つに分けてくれることになりました。

しかし数分後、むすびめさんの前に出されたアイスは、予想外の姿になっていたのです…。

確かに『半分こ』だけど…そっち!?

普通はスプーンですくって2つのお皿に分けるのを想像しますが…なんと、アイスは包丁でカップごとまっぷたつに!

確かに見事半分になっていますが、これはダイナミックすぎます…!予想外の展開に、むすびめさんはビックリしてしまったのだとか。

その後、アイスを見た祖母はこういったそうです。

「そんな変に切ったの、おじいちゃんでしょ」

祖母にバレている…!

見ただけでバレたということは、祖父はいままでも『斬新な半分こ』で切っていたのかもしれません。

投稿に対し、「おじいちゃん可愛い!」「その発想はなかった」というコメントが寄せられています。中には「自分もこのやりかたで分けます」という人も…!

むすびめさんいわく「わりと食べやすかった」とのことなので、この方法は意外とアリ…なのかもしれません!

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 6/22 12:11
  • grape

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

8

記事の無断転載を禁じます