「メヌとオスンコ!」 おじいちゃんの注文が謎すぎて店員が困ってる

拡大画像を見る

牛丼チェーン店の1つ『すき家』。牛丼以外にも、カレーや海鮮丼などたくさんのメニューがあり、多くの人が利用しています。

ある日、仙台に住んでいる悟李羅☆影助(@gorikage)さんが『すき家』で食事をしていると、農作業帰りのようなおじいさんが来店したそうです。

注文を聞く店員さんに、そのおじいさんはハッキリとした声でオーダーします。

※写真はイメージ

メヌとオスンコ!

オスンコはかろうじて、『お新香』のことだろうと推理できますが…『メヌ』とは何でしょうか。

頭を悩ませる店員さん。「お新香と、もう一度よろしいでしょうか?」と再度、確認をします。

メヌ!

店内に響き渡る謎の言葉『メヌ』。やはり店員さんは何を注文しているのかが分かりません。

緊張感漂う店内…。

そんな状況を見かねた投稿者さんは、店員さんにおじいさんの注文したい物を伝えます。

まさかメヌ=ミニ、だったとは!!

牛丼のミニサイズを注文したかったおじいさんは、なまりが強すぎて『メヌ』と発音してしまっていたようです。

ちなみに投稿者さんは、2文字のメニューは『メシ』か『ミニ』しかないと考え、さらにオスンコのなまりからして「『メシ』なら『メス』と発音するはずだ」と推理。

正解を導き出すことができたそうです。

見事な推理に、このようなコメントが寄せられていました。

・都会から来た人には、地方のなまりは分からないかもしれませんね。

・東北弁を知っていますが、この状況は吹き出しました。

・文字にするとすごいパワー!でも口に出すと何となく分かりますね。

・東北系は、さすすすす(さしすせそ)、たちつつつ(たちつてと)、なにぬぬぬ(なにぬねの)になる人がいます。

その土地ごとにある方言やなまりは素敵なものですが…今回のおじいさんの注文は、難易度が高かったかもしれませんね。

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 6/21 12:40
  • grape

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます