『ちびまる子ちゃん』まる子がお母さんの粗探しに奮闘 友蔵も巻き込む行動に「いつにも増してクズ」!

拡大画像を見る

 6月17日放送のTVアニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)で、まる子がいつになくクズな行動をしていたと話題に。今週もネット上で大反響が起こっていたので、ネット民の声と共に内容を紹介していこう。

 話題のエピソードは『失敗しないお母さん』の巻。テレビで山本リンダが歌っているのに合わせて踊っていたまる子は、机にぶつかってお茶をこぼしてしまう。お母さんからグチグチと文句を言われると、「お母さんだって失敗することあるでしょ。人間誰だって失敗はするもんなんだよ。もっと大目に見てくれたっていいでしょ」と開き直るまる子。これがお母さんの怒りの火に油を注いでしまい、さらに怒られる結果となった。

 そこでまる子は、友蔵に“お母さんが失敗する現場を押さえたい”と頼むことに。友蔵が「なんだか刑事さんみたいじゃのう」と興味を示すと、まる子はお母さんを刑事の取り調べのように責めているシーンを妄想。「あんただって失敗することあるだろ!」と怒鳴っている自分の姿を思い浮かべてほくそ笑む。

 しかし言ってるそばからまる子は、ジュースをこぼした座布団を隠していたことがお母さんにバレて説教を食らってしまった。友蔵に泣きつき、「助けてよー! 一緒にお母さんの失敗を見つけてよー!」「そしたらお母さんまる子のことあんなに怒れなくなると思うんだ」と懇願するまる子。孫の涙に根負けし、友蔵はしぶしぶ「おじいちゃんがお母さんに頼んでみよう。まる子を叱る時はもっと優しくとな」と了承してしまう。

 さっそく友蔵は、まる子の部屋で掃除機をかけているお母さんに話かけるが、掃除機の音のせいか、なかなか気づいてもらえない。そんな時、お母さんがまる子の机の下に掃除機を滑り込ませ、誤って靴下を吸ってしまった。友蔵がこの“失敗”をまる子に報告すると、まる子はここぞとばかりに「お母さんね、人の失敗ばかり言うけど、自分だって失敗してるでしょ。もうまる子のことばっかり言わないでよねー!」と、お母さんに怒号を浴びせる。

 しかしお母さんは「こんなところに靴下脱ぎ散らかしてる方が悪い!」とド正論で反撃。視聴者からも「まる子がクズ過ぎて見ていられない」「今日のまる子はいつにも増してクズ度が高いなwww」「お母さんの怒り方もどうかと思うけど、まる子もクズ行為で対抗するのが情けない」といった声が上がっていた。

 その後、まる子はお母さんの失敗を目撃しようと外でも尾行を続ける始末。今回の『ちびまる子ちゃん』は、ある意味まる子が本領を発揮していたのかもしれない。

  • 6/21 1:00
  • おたぽる

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます