中澤裕子、モー娘。時代の追加メンバーとの確執暴露「殺気立って…」

拡大画像を見る

アイドルグループ・モーニング娘。の1期メンバーである中澤裕子が、20日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『1周回って知らない話』(毎週水曜19:00~)にVTR出演し、現役時代の追加メンバーとの確執をぶっちゃけた。

中澤裕子

今回、モーニング娘。の元メンバーである石黒彩、飯田圭織、福田明日香、保田圭、矢口真里、吉澤ひとみ、辻希美、高橋愛、新垣里沙がスタジオ出演。当時の懐かしいエピソードなどで盛り上がった。

VTR出演した中澤は、2期メンバーの保田圭、市井紗耶香、矢口真里の加入について本音を告白。追加メンバーを募集すると聞いたときの心境を「はぁ? と思いました。そんなこと聞いたことありませんけど。私たち5人じゃダメってことですか? あ、ダメなんだ、ってショックでした」と打ち明けた。

そして、「新メンバーが入ってきても仲良くなれないんですよね。殺気立っているというか、ピリピリしすぎているというか」と加入後のグループの雰囲気を説明。中澤が2期メンバーを呼び出して、厳しく態度を注意している映像も紹介された。

矢口は当時の中澤について「年も上で、関西弁も入っているので、めちゃくちゃ怖いんですよ」と語り、保田は「事務所の人にも『仲良くする必要はない。無理にお友達しなくていい』って言われていたので、みんな仕事仲間って感じでした」と振り返った。

関連リンク

  • 6/20 20:12
  • マイナビニュース

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

3
  • ゆき

    6/21 16:05

    中澤さんは昔から興味ない。

  • 雪兎

    6/21 14:22

    暴露できるレベルなら、まだまだ仲が良い方のグループだとは思う。引退してもその系統の話題を全く言えない人もたくさんいる……

  • TV見ましたよ( ・`ω・´)中澤ゆうこさん、カンロクですね?(人´▽`*)♪

記事の無断転載を禁じます