有吉弘行が「負けた」と地団駄踏んで悔しがった“意外な相手”

拡大画像を見る

 有吉弘行が本気で悔しがっているという。パーソナリティを務めるラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(JFN系)有吉みずから明らかにしたのは6月3日の放送回。そもそもの発端は、昨年12月3日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)に、有吉がカンニング竹山、アンジャッシュ渡部建と出演したことだ。

「出会って20年以上になる3人が番組でトークの話題にしたのは、これまで、定期的に“竹山社長の会”という食事会を開いて交流してきたということでした。有吉が竹山のことを竹山社長と呼んでゴマをすり、まんまとオゴらせてしまうという集まりなんだそうですが、それを虚実ないまぜにしてぶっちゃけたから、大爆笑もので、日曜朝放送にもかかわらず視聴率がよかったんですね。で、その後『ボクらの──』の視聴率をチェックすると、長澤まさみら有名女優や大物俳優が出た回よりも数字がよかったとか。今年に入ってからも向かうところ敵なしだったため、有吉は竹山、渡部にその後も、逐一報告してきたそうなんです。有吉が『竹山さん、相変わらず1位だったよ』って伝えると、竹山が『気にしてないけど、何なんだろうな』と言い、『渡部さん、まだ1位だよ』と話すと、『そうなの?何でだろうな』と喜んでいたとのことですね」(芸能ライター)

 ところが、5月27日放送回の「ぼくらの時代」で、ついに負けてしまった。びっくりしたのは、その回の出演者。有吉と同じ事務所・太田プロダクションに所属するダチョウ倶楽部・上島竜兵、リーダーの肥後克広に土田晃之の3人だったのだ。その回の話題は“ダチョウ倶楽部結成前夜物語”。何でも、ダチョウ倶楽部は、一世を風靡したおニャン子クラブがモデルだったといい、20~30人の大所帯で始まったという成り立ちなどをしゃべりまくったのだ。

「確かに意外な話で数字がとれたのもうなずける話ですが、有吉はもうガックリ。先輩とはいえ、もともとトークがヘタだとして、クサしてきたダチョウ倶楽部が、自分らよりも数字がいいなんて…とショックを受けたそうです。あだ名付け名人でもある有吉は、3人のことを『あんな“子飼いの老犬”たちに負けた』と形容して悔しさをブチまけ、最後は『身内に斬られるぶんにはイイんじゃないでしょうか』と負け惜しみで締めくくっていました」(ネットライター)

 自分の冠番組の数字はまるで気にしないと豪語する有吉。それでも、よほどプライドを傷つけられたようだ。

(塩勢知央)

関連リンク

  • 6/18 9:58
  • アサ芸プラス

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

1
  • 7/17 0:17

    喜んでんだよ、いわせんな恥ずかしい

記事の無断転載を禁じます