西山茉希「実は超庶民派」好感度が急上昇!?

拡大画像を見る

 6月7日に放送された『得する人損する人』(日本テレビ系)で、女優の西山茉希(32)が、ボロボロのキッチン用品を使っていることが明らかになり、「庶民的で一気に好きになったわ!」と話題になっている。

 この日の放送では「芸能人のキッチンにダメだし」と称して、料理にはかなり自信があるという西山のキッチンを2人のシェフがチェックする企画が行われた。

 しっかりと整理整頓されたキッチンの、西山の自己評価は「95点から100点!」と自信がある様子。料理の腕前をアピールするため、焼きそばの麺を使って“ナポソバ”という自慢のアレンジレシピを作ることになった。さっそく“20円引き”のシールが貼られた焼きそばを開けて、準備に取り掛かる西山。玉ねぎを切り、ボロボロに剥げたフライパンにオリーブオイルを入れて“やたら短い金物のトング”で炒め始めた。

 炒めた玉ねぎにツナとコーンを入れて、最後にあらかじめ温めておいた麺を投入。味付けにはソースと、残り少なくなっているケチャップを思い切り振り入れて“ナポソバ”を完成させる。しかし採点担当のシェフは、表面が剥げているフライパンは異物混入のおそれがあると指摘。また使用していた包丁も、ノコギリのように刃こぼれしていて怪我するかもしれないと注意。西山は「でも焼けますよ」「剥げたものは鉄分として食べれるんじゃないですかね」と開き直ってみせた。

 番組を見ていた視聴者からは、「すごく庶民派なんだな!」「芸能人なのに、フライパンも包丁もボロいのがおもしろい」「割引の焼きそば買うとか、いい奥さんだな!」「ケチャップは振って使い切るとか、すごい一般人っぽい」「うちもハゲハゲのフライパンだから親近感湧いた」といった反響の声が上がっている。

「西山は以前に番組で独自の美容法を明かし共感を得ています。3月13日放送の『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)で、サントリーの缶チューハイ『-196℃ストロングゼロ』を肌荒れしているときに飲むとツルツルになると豪語。あまりの庶民派スタイルに、ネットも盛り上がっていました。2013年に早乙女太一(26)と結婚して、今では2児の母。家事は適度に手を抜いて、うまくやってるんでしょう」(芸能ライター)

 庶民的な一面をみせた西山。これからの活躍にも期待できそうだ。

関連リンク

  • 6/14 15:30
  • 日刊大衆

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます