「よくやった」 見知らぬ親子に仕事をバカにされた男性の振る舞いに、30万「いいね」

拡大画像を見る

アメリカ在住のアンディ・ロスさんは、アウトドアにまつわる会社のオーナーと、建設業の仕事を兼業しています。

So I had a very interesting “educational” conversation with a woman and her daughter today. As I entered the store...

Andy Rossさんの投稿 2018年5月21日(月)

アンディさんがFacebookに投稿したある親子とのやり取りに、多くの人が考えさせられています。

母親が口にした、心ないひと言

建設業の仕事を終えて、帰宅途中にあるお店にアンディさんが立ち寄った時のこと。

土などの汚れが服や顔に付いた状態で現れたアンディさんを、母親と一緒にいる7、8歳ぐらいの女の子が興味深そうにジッと見つめていました。

女の子の視線に対し「汚い見た目をしているから、子どもが好奇心を持つのは当たり前だ」と感じたアンディさん。

ずっとアンディさんから視線をそらさない女の子に対し、そばにいた母親はジロジロと見ることを止めるようたしなめ、次のような言葉を告げました。

「あれが、あなたが学校にちゃんと通わなくてはならない理由よ」

※写真はイメージ

母親の心ない言葉を耳にしたアンディさんは、親子を呼び止め、次のように語り始めました。

私は汚れていますが、ちゃんと教育を受けている人間です。高校の卒業証書と大学の学位、それにまつわる多くの医療資格を持っています。

私の外見だけで、「教育を受けていない」と決めつけることこそ、無教養なのではないでしょうか。

腕に刻まれた入れ墨は、軍に従事していた経験があり、国に対する誇りを示したものです。

私はアウトドア関係の会社を運営することとは別に、建設業で働いています。毎日楽しみながら働いているし、この仕事に誇りを持っています。

デスクワークをした経験もありますが、私には合いませんでした。私は自分の身体を使って仕事をしたり、屋外で過ごしたりすることのほうが好きなのです。

仕事をした後は汚れてしまいますが、私はちゃんとした金額の給料をもらい、何の問題もなく家族を養っています。

あなたは私の外見だけを見て、私のキャリアや教養を判断するべきではありません。

※写真はイメージ

最後にアンディさんは、親子に対し「よい1日を過ごしてください。外見だけで人を判断することのないように」と締めくくり、その場を去ったといいます。

ネット上では、アンディさんの振る舞いを称賛する声が続出しました。

・素晴らしい!あなたは自分を誇りに思うべきだ。

・あなたがハッキリ伝えたことは、その親子のためになると思う。

・仕事の内容や外見に、勝手な偏見を持つ人はとても多い。あなたの投稿に、たくさんの人がハッとさせられたはず。

母親の発言に対し、キッパリと間違いを指摘したアンディさん。

1人の男性の勇気ある行動は、多くの人の心を打ちました。

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 6/13 17:26
  • grape

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

9
  • フランシン

    6/15 10:13

    なるほどー( ̄▽ ̄)。その感覚は日本に浸かると忘れるかもしれない。…あ"〜、、でも〜、やっぱり私は想像すると走って逃げ出したくなるな。自分を誇りに思っても、口に出して伝えはしないし、まして初対面の他人に自分の履歴をこんな風に、、いやいやムリムリ。若気の至りで一度やった身としては(^-^;、、効果はあったけれど、二度としたくないですね。 それに外見で判断される事も、そんなに否定もしたくはない。

  • ってゆうかこういうやりとりが、まんま日本の親子連れと日本人男性に置き換わるわけないと思うよ。日本ではわざわざ本人に聞こえるように失礼な事言う奴あんまりいないから。欧米人は思った事思ったとおりに遠慮なく言うの普通だし。アタシらついこの母親ひどい人だなと思っちゃうけど。欧米のいいねした人達には、母親は言葉がひどいってだけだし、咄嗟に弁がたつ男性は賢くてカッコいいんだよ。

  • もしかして案外引け目を感じる部分があり、ツラツラ話し出したのかな?と。納得して自信があればスルー出来そうだし。この母親に関わらなくていいのに、と思ったけど、子供にだけなら縁ありまた会えたら話すのが良いとも思う。…過去の、いつかの自分の姿を思い出して打ち消したくなったよ。くだらない奴に、どうしてこんなにオープンにした?男性は、優しいのか、強いのか、純粋なのか。

記事の無断転載を禁じます