元TBSアナウンサーが暴いた『コーチの本音』 ブログの内容に「そういうことか」

拡大画像を見る

関西学院大学(以下、関学大)と日本大学(以下、日大)の定期戦で起こった、アメリカンフットボール(以下、アメフト)の『悪質タックル問題』。

2018年5月22日には、タックルをした日大の加害選手が記者会見を行い、多くの報道陣の前で「相手のQB(クオーターバック)を潰せ」という指示があったことを明確に答えました。

一夜明けた23日には、日大アメリカンフットボール部の内田正人前監督と井上奨コーチが緊急記者会見を開き、経緯を説明。

会見には、関学大時代にQBとして活躍した元TBSアナウンサーの有馬隼人さんも参加しました。小さな希望を見つけたことをブログに書き、注目を集めています。

コーチの矛盾点に光が見えた

5月24日に、有馬さんはブログを更新。緊急記者会見で、井上コーチに質問をした時のことを述べています。

「日大の加害選手が会見で語ったことをいくつか否定しているが、長年指導してきた選手が間違っているということか」と尋ねた有馬さんに、井上コーチは次のように回答しました。

井上コーチは、
「間違っているとは思いません。彼が昨日(会見で)発表したことは、合っていると思います」
そのように答えました。

有馬隼人とブログと ーより引用

「間違っている」と断定しない、意外な返答。

これを受けて、有馬さんはある発見をします。

ここには矛盾が生じています。
選手の発言にあった内容を否定しておきながら、選手は嘘をついていないと言ったからです。

有馬隼人とブログと ーより引用

あえて自分が不利になるような発言をした井上コーチ。

そこから導き出せることとは…。

私はそれを確かめようと、この質問をしました。
コーチという役目にある人間は、常に選手に愛情を持って接する必要があるからです。

有馬隼人とブログと ーより引用

矛盾から、有馬さんは井上コーチの中に、加害選手への愛情が残っていることを確信しました。

大学時代にアメフトに所属していたことから、コーチと選手の関係を熟知していた有馬さん。だからこそ、心の奥底でまだ生きている『コーチ魂』を発掘することができたのでしょう。

最後に有馬さんは、ブログをこのような言葉で締めました。

この反則行為を発生させたことに関し、
監督やコーチを擁護する気持ちは私にはありません。
ただ、井上コーチの中に、コーチとしての自覚が完全に消え去っていなかったことは、わたしは確認できたと考えています。

有馬隼人とブログと ーより引用

ブログを読んだ人からは、「確かに本音が垣間見えた」「井上コーチの心が揺らいでいたことが、あのひどい会見の中の小さな救いだったかなと思います」などの声が寄せられています。

さまざまな思惑が絡み合って、真相の究明が困難な『悪質タックル問題』。

心に残っている愛情が、現状を打破する力となることが期待されています。

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 5/25 14:43
  • grape

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

1
  • このコーチの抱いている「愛情」の意味は、「僕と一緒に大人のビデオに出演して、小金稼ぎしない?(照)。」だったりして…。有馬さんも気付いてないコーチの性癖からみると。

記事の無断転載を禁じます