山火事を引き起こした15歳少年に裁判所、40億円の支払い命令(米)

拡大画像を見る

ワシントン州バンクーバーに住む当時15歳だった少年(未成年のため名は公表されず)は、2017年9月2日に美しい自然が広がるオレゴン州コロンビア・リバー・ゴージのイーグル・クリークの森に2つの花火を投げ捨てた。火はたちまち山全体に広がり、48,000エーカー(約194平方キロメートル)を焼失した。152人が山道で身動きが取れなくなり、道路や鉄道、シーズン真っ最中の観光客で賑わう美しい景勝地の損害額は約1,350万ドル(約15億円)にも上り、消火活動には2,000万ドル(約22億円)の費用を要した。

今年の2月に罪を認めた少年には、5年間の保護観察および1920時間の地域奉仕活動命令が下されていたほか、山火事に巻き込まれた152人と各公的機関らに謝罪文を書くよう命じられていた。そして5月21日にフッドリバー郡巡回裁判所で行われた裁判では、米国林野局やオレゴン州運輸省を含む9つの機関の申し立てが認められ、少年には3,661万8,330.24ドル(約40億円)の損害賠償支払い命令が言い渡された。

少年の弁護人は、過剰な金額の支払い命令を「不合理で馬鹿げている。憲法違反だ」と批判したが、ジョン・A・オルソン判事は、このような多額の罰金を少年が支払う能力はないと認めながらも「憲法違反ではない」と反論し、「罰金額は少年が引き起こした財政的損失を超えておらず、明らかに犯罪に比例している」と述べた。支払いに関しては、関連当局が少年のために支払いのスケジュールを組むことも可能だという。さらに少年が賠償金支払いに応じ、他の罪を犯さず保護観察期間を問題なく終えることができれば、10年後には支払いを止めることが許されることも明らかになった。

ウクライナ人の少年の母親は「息子は自分のしたことがこのような大きな被害となり、トラウマを感じている」と話しているが、「でも、あの子が悪いのです」と息子の非を認めているという。

画像は『Metro 2018年5月22日付「Boy, 15, who started devastating wildfire is fined $36million by judge」(Photo: AP)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

関連リンク

  • 5/25 14:11
  • Techinsight japan

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

1
  • 別天津神

    5/25 18:59

    赤猫は米国でも重罪。山火事は米人の怖れる災害の一つで、被害は甚大になります。この少年が誠心誠意、罪を償うことを切に祈ります。

記事の無断転載を禁じます