本田圭佑、日大アメフト問題へのコメントに“世間の10割”が猛反対

拡大画像を見る

 発信力が強いだけに、今回の暴言には世間の人たちのほぼ10割が猛反対。

 当事者の日大・宮川選手の記者会見が話題となっている、日大アメフト部の反則タックル問題。宮川選手は加害者への直接謝罪、そして山口達也メンバーばりの大々的な謝罪会見を開き、そのきちんとした対応と発言で、「やったことは悪くても…」と、世間にも彼を許す声が広がってきている。一方で、宮川選手の会見を受けるような形で、あわてて会見を開き、その不自然な弁明に逆にますます批判を浴びる形となった日大側の内田監督や井上コーチへのバッシングは広がる一方。この問題、しばらくはまだ尾を引きそうな様子。

 そんな中、サッカーW杯ロシア大会直前の壮行試合となるガーナ戦を控えた本田圭佑が、5月23日に更新したツイッターで、今回のアメフト問題についてつぶやいた。が、その内容にほとんど擁護の声すら見あたらないほど、批判が殺到してしまった。

「本田の言葉を読み取るなら、彼には日大アメフト部を“過剰に責め続ける人”が目につくようですね。そういう人たちに対して『神経が理解できないし、その人のほうが罪は重い』と言い切ってます。しかし、今回の問題は芸能人の不貞騒動など、本人たちだけで解決すればいいことに対して面白半分にディスっているような野次馬批判ではありません。一歩間違えば、社会生活すら危ぶまれるケガを追いかねない悪質タックルが、学生運動部で堂々と命じられていたことに対する、本気の怒りの声が大きい。それだけに、本田の世間と裏張りするような発言に『日本人のことを何もわかっちゃいない』『あなたは代表の練習だけしててください』『監督の言うことを聞かなくても許される本田様にはわからないでしょうね』などボロクソです」(週刊誌記者)

 本田自身も「監督も悪いし、選手も悪い。傷つけられた選手は生死に繋がるようなケガでなく何より」と、最低限度の気遣いをしたあとの発言だったが、「ただ毎日寄ってたかって責め続けるようなことでもないでしょう?」というのが本音のはず。そんな本田のコメントを受けて「これだけ世間の人たちが寄ってたかって責め続けてから、日大が逃げることができなくなった」「もしみんなが黙ってたら、まだ日大はあの監督の下で殺人タックルを続けているはず。本田さん、それをわかって言ってるの?」と、人々の怒りはおさまるところを知らない。

 今回ばかりは言わなきゃよかった!?

(飯野さつき)

関連リンク

  • 5/24 17:59
  • アサ芸プラス

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

13
  • 被害者を加害者と平気で誤記するような記者(推敲のひとつもしない記者)が何言ってんだか…

  • 紅茶飴

    5/27 11:02

    サッカーやらないけど、情報の袋詰めも時々胡散臭くてやる必要ある?とは思う。今日の試合は泥だね。評価出来ない。

  • …ず…

    5/27 10:54

    10割の確認はとったのか?( ・_・)誇張記事、詐欺記事、果てはフェイク記事につながるぞ。

記事の無断転載を禁じます