元TOKIO山口達也に「双極性障害」だけでなく、多重人格の疑いも!? シャレにならない病状を医療関係者が語る

拡大画像を見る

 突然の契約解除から2週間。ジャニーズグループ「TOKIO」の元メンバー・山口達也の騒動は鎮静化したかに見える。山口は芸能人としてのステータスを失い、番組やCMなどの違約金、入院費用などで3億円の貯金を失うとの報道も飛び出した。だが、山口に近い関係者に言わせれば「地位やお金よりも彼の命の方が大事」という。それほどまでにシャレになっていないのか……。

 山口が入院しているのは、東京近郊にある心療内科専門病院。強姦致傷容疑で逮捕、不起訴になった俳優・高畑裕太も入った病院で、出入りは厳重にチェックされ、部外者は立ち入ることはできない。全室個室で、トレーニングルームやシアタールームも完備され、有料でスパトリートメントやアロママッサージまで受けることもできる。入院費は1日1万5,000円から1万8,000円。保険が適用されるが、個室のために生じる差額ベッド代(約9,000円)は全額自己負担。月額費用はしめて20~30万円だ。

 山口が受診しているのは心療内科。アルコールの過剰摂取による内臓数値の悪化も心配されるが、それ以上にメンタル面が深刻だという。一部女性誌では躁と鬱を繰り返す「双極性障害と診断された」と報じられたが、病名を特定するのは早計。複数の症状が混在することもありえるからだ。医療関係者の話。

「山口さんからは『双極性障害』だけでなく『解離性同一性障害』の可能性も危惧されます。いわゆる多重人格。芸能人仲間からは『礼儀正しく、好青年』という評判しか聞きませんが、一方で『ダメだ』とわかっていても酒を飲んでしまう。一部スポーツ紙では車がビュンビュン通る道路を横切り、注意されたと報じられていました。この二面性はどこから来ているのか。躁鬱だけでは判断できない面があります」

 どちらにしても自然治癒はほぼ不可能で、今後の長い人生、山口は自分と向き合い、定期的に病院で投薬治療を続ける必要がある。ファンの中には将来的なTOKIO復帰を望む声も上がっているが、そうした重圧が山口を苦しめることにもなりかねない。スポーツ紙のジャニーズ担当記者は「山口に引導を渡したのはジャニー喜多川社長ですが、それはほかのメンバーへの悪影響を考慮したものではなく、山口の精神面を推し量り『これはタレント活動どころじゃない』と判断したからです」と話す。快方に向かえば良いが……。


※イメージ画像:「Thinkstock」より

  • 5/20 8:00
  • TOCANA

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

18
  • ゆき

    5/21 23:28

    達也君頑張って 時間がかかっても元気になって自分が進みたい道に行けるよう祈ってます。

  • …ず…

    5/21 18:32

    今後は「多重人格探偵 達也」として生きていくわけね(゜ω゜)

  • ぐっさん、多極性躁鬱にくわえ、解離性同一性障害なんって!! いろいろ出るね

記事の無断転載を禁じます