大久保佳代子「袋とじグラビア、第2弾は全然アリ!」ズバリ本音で美女トーク

拡大画像を見る

 昨年、本誌でセクシーグラビアを披露した大久保さんがインタビュー初登場。女優として一味違う表情を見せた映画『ラブ×ドック』の撮影秘話から、グラビア撮影の裏話まで、情報てんこ盛りでお届け!

■映画『ラブ×ドック』で吉田羊と共演

――バラエティ番組ではお見掛けしない日がないくらいの大久保さんですが、今度公開される映画『ラブ×ドック』にも出演されていますね。これまでもドラマや映画には出演されていますが、やはり芸人と女優とでは心構えは違いますか?

大久保 自分ではこういう芝居をやろうとかって考えてできるタイプではないので、なるべくリラックスしてバラエティとあまり変わらない感じのリラックス加減でできたらいいな~とは、思いながら演じましたね。

――物語は吉田羊さん演じるパティシエ・飛鳥のラブコメもの。大久保さんが演じたのは、飛鳥の親友でシングルマザーの千種。

大久保 映画の前半では妊婦役だったんですが、その役自体が初めての体験でしたね。長い時間、お腹に“あんこ(詰め物)”を入れてというのは。お腹が出ている分、下の視界が見えなくなるし、重さもあるし。動きが制限されるので、つくづく妊婦さんって大変だなって実感しましたね。

――後半は母親役でしたね。

大久保 子役さんとお仕事すると、待ち時間にちょっと話したり、二人だけの時間があるので“子どもがいるとこんな感じなのかな”って思いましたね。でも、ホントのお母さんが近くにいるんで基本はそっちに行っちゃうんですが。しょうがないですけどね(笑)。

――共演された吉田羊さんの印象はいかがでした?

大久保 ご一緒させていただいたのは今回が初めて。とても気さくで、女優さんって感じがしない方でしたね。実は私、ちょっと人見知りするほうなんですけど、すごく現場に入りやすい空気を作ってくださって。なんか、芸人寄りの匂いがするなって感じましたね。

――演じるうえで、千種の気持ちを考えたんですか。

大久保 考えて、どうのこうのって言うよりは、本当にそういう気持ちに自然になれたというか……。

――役に入り込んでいたんですね。

大久保 そう書いておいてください(笑)。

■玉木宏、野村周平、吉田鋼太郎の中で好みのタイプは?

――今回は玉木宏さん、野村周平さん、吉田鋼太郎さんといったイケメン男優陣も出てきますね。

大久保 そこは若干、気後れするところはありましたね。だから舐められたらダメだと思って、なんでもないような感じで振る舞っていましたが、内心はもうバクバクでしたね(笑)。カメラが回ると演技だと割り切れちゃうけど、待ち時間とかカメラが回っていないところのほうが緊張しましたね。どうコミュニケーションを取ったらいいのかとか。あんまりグイグイ行くと“なんだ、このおばさんは”って思われないだろうかとか(笑)。

――それじゃ、あまりしゃべれなかったんですか?

大久保 子役の子がいたんで、その子にうまく橋渡しみたいな感じになってもらって。だいぶ助かりましたね(笑)。 

――劇中、飛鳥は玉木さん、野村さん、吉田さん、といった違うタイプの男性に恋しますが、大久保さんだったらどの方が好み?

大久保 どうでしょうね~。もし3人が言い寄ってくれたら、ま、一通り全員にハマると思いますけど(笑)。

――アハハハ(笑)。欲張り……失礼(汗)、大久保さんらしいですね。

大久保 でも、しいて言えば吉田鋼太郎さんのね、シブい感じにイッちゃいそうですね。優柔不断なんだけど、優しい……ところに。典型的なダメなおじさんなんですけどね(笑)。

■やっぱり結婚したい

――なるほど。今回は大人の女性の恋愛がテーマですけど、大久保さんはそのあたりはいかがですか?

大久保 やっぱり50歳という壁が来て焦りだして、結婚したいですね。40歳を過ぎると、急に、このまま一人でいると不安だと思いだして、50~60歳でそうなっていくのはイヤだからパートナーは欲しいなって。

――パートナーのタイプは?

大久保 以前は明るい男よりも陰がある男にひかれていたんですね。でも、陰のある男って、だいたいロクでもなかったりするんですよ(苦笑)。なので、ロクでもない男には引っ掛からないようにしていこうとは思っていますけどね。

――どんな男に引っ掛かってきたんですか?(笑)

大久保 お金貸してくれ、軽めのDV、もらった自転車が盗難車だった……とか。ホントにダメな男が多かったですね。たぶん、私がそういう男になんやかんやひかれて、自分から飛び込んでいくパターンが多かったかな。そういう経験はもういいかなって思っているので、今は真っ当な男がいいです。

――以前、バラエティ番組で、狙った男には、背中にぶつかりながら頭、肩、腕を触るという“6点攻め”を仕掛けるという話をされていましたね。

大久保 ソレ、全然ネタです(笑)。モテるテクニックというお題が上がったときに話してたんで、実際はそんなにやらないですよ。

――“そんなに”ということは“少し”はされる?

大久保 ま、少しはね。でも、それは女性だったら誰でもすると思いますよ。さり気なくスキンシップを入れる、ということは。

――ちなみに一番触るとしたら?

大久保 やっぱり、太ももぐらいからいって、もう一、二点ぐらいはいけるかな。

■週刊大衆本誌でグラビアを披露

――男性のツボというかウイークポイントを突いてきますね。さすがです(笑)。ところで、大久保さんというと、1年前に本誌でセクシーグラビアを披露されて話題になりましたね。ありがとうございました!

大久保 いえいえ、こちらこそですよ。

――撮影では、ちくわとゴーヤを大久保さん自ら持参されたとか! 

大久保 やっぱり丸腰で臨むというか、この素材だけで人が見て楽しめるグラビアが撮れるんだろうか……って急に不安になって。だったら、ちょっと面白アイテムを持って行ったほうが喜ばれるかなって思って、前日にマルエツに買いに行ったんです。

――緊張はしました?

大久保 そうですね。だってライトを照らされて、大勢の人が見ているところで、ほぼ半裸には普通はならないじゃないですか(笑)。

――おっしゃる通り!

大久保 私って言われたら、意外とイヤって言えないタイプだから(笑)、ウチのマネージャーも(ノセられて全部脱いでしまうことを)心配してました。流されそうになっても、“私が見張っていますから!”って言ってくれて。

――マッパにはならないという固い決意を持って挑まれたんですね。

大久保 マネージャーとも“絶対脱がされない”という謎の確認をしました(笑)。それと、カメラマンがかっこいい人だったというのも大事なポイントでしたね。だんだん、この人好きだな……って思えてきて。

――やっぱりカメラマンはイケメンに限ると。

大久保 そうですね。気持ちのうえでノッけてもらわないとね!

――結果、表情もセクシーな感じになったんですね。

大久保「もう、どうにでもして」という顔をしていたと思います(笑)。

――オンナの顔が出てきたと。撮影が進むにつれて、固い決意が少しずつ緩んでくるということは?

大久保 そこは大丈夫でした。

――撮影前に体を仕上げてきたんじゃないかともグラビア担当は言ってました。

大久保 2キロぐらいは絞ったかな。今のボディラインが中肉中背のちょっとだらしない感じで、50代、60代の男性に一番喜んでいただける、安心していただけると思っているんですけど。

■バラエティ番組『有吉反省会』でもいじってもらって

――周囲の反響はいかがでしたか?

大久保 半々でしたね。ラジオでご一緒させていただいている武井壮さんは“全然オカズになりました”って。ま、あの方は百獣の王ですから、たいていのモノはイケるらしいんですけど。バラエティ番組『有吉反省会』でも、グラビアの話になるといじっていただけたので、そこはやって良かったなって。

――ご自身の中で変化は?

大久保 ビックリするくらいないですね。でも、まだまだイケるのかもしれないなって自信にはなったかもしれないですね。そもそも50%の男性が欲情して、残りの50%が笑ってくれたらいいな……ってことを目指して撮ったんで。

――じゃあ第2弾は……?

大久保 全然アリですよね。

――ホントですか! アイデアとかってありますか?

大久保 う~ん、男性と一緒のカラミふうっていうのはどうですかね。

――相手の方はマッパ?

大久保 上半身ぐらいはね。そういうのも楽しそうですよね!

――となると、大久保さんも……!?

大久保 え、私も!? でも、袋とじだったら、それぐらいの露出はしないといけないかな(苦笑)。

 グラビア第2弾、ぜひともお願いします!

大久保佳代子(おおくぼ・かよこ)

1971年5月12日、愛知県生まれ。O型。T158。92年、幼なじみの光浦靖子とコンビ『オアシズ』を組み、デビュー。以降は『めちゃ2イケてるッ!』をはじめとするバラエティ番組を中心に活躍。女優としても『嫌われ松子の一生』『クロサワ映画』『ねこあつめの家』などに出演。現在放映中のドラマ『ボイメン新世紀 祭り戦士ワッショイダー』(CBC系)に、レギュラー出演中。

この記事の全ての写真はこちら

関連リンク

  • 5/17 23:30
  • 日刊大衆

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます