マンUとトッテナムが20歳SB争奪戦? セルティックの才能は45億円か

拡大画像を見る

 マンチェスター・ユナイテッドとトッテナムが、スコットランド期待の才能をめぐって争奪戦を繰り広げているようだ。英紙『デイリー・メール』が伝えた。

 現在注目を集めているのは、セルティックのDFキーラン・ティアニーだ。20歳の左サイドバックで、2016年にスコットランドA代表デビューを飾っている。

 同選手に対しては、ユナイテッドとトッテナムのほかに、アトレティコ・マドリーも関心を示しているとのこと。セルティックはティアニーに3000万ポンド(約45億円)の値段をつけている模様だ。

 ただ、本人もセルティックも、移籍を急いでいるわけではない。ティアニーは昨年10月末にセルティックとの契約を2023年まで延長した。同選手は先週、「ここでのキャリアを楽しんでいるし、6年の契約にサインしたばかりだ。セルティック以外のことは考えていない」と話しており、すぐに飛躍したいとは考えていないのかもしれない。

 それでも、有力選手には早くから手をつけておきたいビッグクラブもあるはず。ティアニーの移籍はあるのだろうか。

関連リンク

  • 5/17 23:02
  • フットボールチャンネル

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます