バルサのカンテラーノ、パブロ・モレノがユヴェントスへ移籍

拡大画像を見る

ラ・マシアからまた新たな流出である。
今回、バルサのカンテラを離れるのはパブロ・モレノだ。
『SPORT』が入手した情報によると、Cadete A(U-16)のストライカーはユヴェントスと全面的に合意に達している。
パブロ・モレノは今夏、荷物をまとめてイタリアで新たな冒険をスタートさせる。
彼は最初は同年代のチームに加わるが、数年後にはトップチーム加入を見据えたスポーツプロジェクトとなっている。

モレノはバルサが提示した契約更新オファーを受け入れず、ユーヴェはバルサに300万ユーロ(約4億円)に及ぶ契約解除金を支払う。

今シーズン、パブロは自身の最高のパフォーマンスを取り戻し、31ゴールでリーグ得点王に輝いた。
彼のプレーは鋭いゴール嗅覚、動きのキレ、チームメイトに影響を与える勝者のメンタリティに基づいている。

バルサはカンテラ最高のストライカーの1人を失う事となり、セルヒオ・ゴメス(ボルシア・ドルトムント)、アドリア・ベルナベ(マンチェスター・シティ)に続き今シーズン3人目の流出となる。
さらにパブロのチームメイト、ジョエル・ロペスもアーセナルへの移籍が濃厚となっている。
その他にもロベルト・ナバーロ、ニコ・ゴンザレス、ホセ・マルティネスも他クラブから非常に魅力的なオファーを受けている。

関連リンク

  • 5/17 21:56
  • SPORT.es

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます