ロッテに新名物「ホンビノス貝の酒蒸し」登場! 井上晴哉も太鼓判

拡大画像を見る

ロッテは17日からZOZOマリンスタジアム内の新メニューとして、千葉県船橋市で獲れるホンビノス貝を使った酒蒸し(ガーリックバター風味)の販売を始めた。販売価格は600円(税込み)、Food Court Chiba(フロア2 内野中央Cゲート付近)で購入できる。

船橋で獲れた千葉ブランド水産物をフィーチャー

 ロッテは17日からZOZOマリンスタジアム内の新メニューとして、千葉県船橋市で獲れるホンビノス貝を使った酒蒸し(ガーリックバター風味)の販売を始めた。販売価格は600円(税込み)、Food Court Chiba(フロア2 内野中央Cゲート付近)で購入できる。

 飲食担当者が「ホンビノス貝は千葉ブランド水産物にも認定されており、いま注目の食材です。そんなホンビノス貝を特製ガーリックバターで濃厚な味付けに仕上げました。ZOZOマリンスタジアムが海の近くに面していることを意識した、他の球場にはない新たなマリン名物の一品として考えました。千葉県産の食材にこだわったメニュー作りをモットーにしたお店の自信作をぜひご賞味ください」という自慢のメニュー。井上晴哉内野手は「これ、いいですね! ガーリックバター風味なのが、なおさらいいですね。荻野貴司選手も貝が大好きなので喜ぶと思います。ぜひこれを食べながら試合観戦を楽しんでいただければと思います」と太鼓判を押した。(Full-Count編集部)

関連リンク

  • 5/17 22:02
  • フルカウント

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます