南アでの親善試合で活躍したテア・シュテーゲン「これは素晴らしい経験だ」

拡大画像を見る

テア・シュテーゲンはマメロディ・サンダウンズとFCバルセロナの親善試合の後にインタビューに応えた。
「これは素晴らしい経験だ。僕達はまたすぐに南アフリカに戻ってこれる事を願っているよ。」

さらにテア・シュテーゲンはこのように続けた。
「今週末、僕達は非常に良いシーズンを締めくくるために自分達の最高のパフォーマンスを披露したいと思っている。」

テア・シュテーゲンはマメロディ・サンダウンズ戦でも3本のビッグセーブ(1対1、ヘディングシュート、エリア外からのシュートをストップ)を披露し、エルネスト・バルベルデのチームで最も輝きを放った選手の1人だった。

試合はバルサがデンベレ、ルイス・スアレス、アンドレ・ゴメスのゴールで3-1と快勝を収めた。

関連リンク

  • 5/17 20:55
  • SPORT.es

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます