長友佑都対策はバッチリ!? W杯同組コロンビア代表、元インテルMFがコーチ就任か

拡大画像を見る

 ロシアワールドカップで日本代表と同組のコロンビア代表は、大会直前にスタッフを強化するかもしれない。アルゼンチン『TyCスポーツ』などが報じている。

 これによると、コロンビア代表を率いるアルゼンチン人指揮官のホセ・ペケルマン監督は、かつての教え子であるエステバン・カンビアッソ氏にコーチ就任を要請した。

 元アルゼンチン代表のカンビアッソ氏は、U-20ワールドカップに出場した際にペケルマン監督の指導を受け、2005年のコンフェデレーションズカップ、2006年のドイツワールドカップでも同指揮官のチームの一員だった。

 クラブレベルでは、2004年にレアル・マドリーからインテルに加入し、2014年までプレー。高い戦術眼を武器に中心選手の一人として活躍を続けた。もちろん、現在ガラタサライにレンタルで加入している長友佑都ともチームメートだった時期がある。

 コロンビア代表は現時点でカンビアッソ氏のコーチ就任を発表していないが、新しい力を加えるつもりなのだろうか。

関連リンク

  • 5/17 21:01
  • フットボールチャンネル

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます