彼らは、ずっとわたしの「ヒーロー」です

拡大画像を見る

 

「自分にとってのヒーロー」と聞いて、誰が思い浮かびますか?

まさにそう呼ばれる、幼い頃に憧れたテレビの中の人たちでもいいですし、たとえば、いつでも自分を奮い立たせる言葉をくれた人、自分にとってはまぶしいほどの光を放っている人。自分の人生を「よいほうへ」と、大きく変えてくれた人。

彼女にとっての「ヒーロー」は


5歳の頃、アフリカ人へ強烈な憧れを抱き「いつか自分も彼らのような姿に」と夢見ていたというフォトグラファーのヨシダナギさん。大人になり単身アフリカへ渡ると、エチオピアをはじめとする世界中の少数民族を撮影し、発表してきました。

 

 

発売中の『HEROES』(ライツ社)は、あの頃の「憧れ」に、今もなお胸を熱くする彼女によるベスト作品集。2冊目にしてベストと言い切られた本作の序文には、自らにとっての「ヒーロー」と称する被写体について、そして彼らを写すことについて、このように書いています。

太古のままの生活を営むもの、観光資源としてその姿や様式をかろうじて維持しているもの、そのすべてがこの時代に生まれてきた私にとっては愛おしく、幼少の頃より心を深くとらえて離すことはありません。


この世界で奇跡的に現存する雄大で勇ましく、凛々しくも美しいHEROたちの姿を皆さまにも少しだけご紹介できたら幸いです。


(『HEROES』序文より抜粋)

 

「青の民」と呼ばれる遊牧民族「トゥアレグ族」(アルジェリア)

妖精のようにファッショナブルな民族「スリ族」(エチオピア)

1974年に外部と初接触をした謎多き民族「エナウェネ・ナウェ族」(アマゾン)

重厚な仮面をつける神秘の民族「マッドマン」(パプアニューギニア)

世界でもっとも有名な戦士「マサイ族」(ケニアおよびタンザニア)

 

「ヒーロー」とは、もしかすると、自分には永遠に手の届かない存在かもしれません。それでも触れてみたくて追い続けるうちに、想像もし得なかった場所へと自分を連れていってくれる。そんなこともあるようです。

ヨシダナギさんが辿りついた、彼らが生きる場所。彼女だけがとらえることのできたヒーローの横顔。ひとりでも多くの人にページをめくってみてほしい作品集です。

紀伊國屋書店 新宿本店にて、
出版記念講演会も開催


5月21日(月)には、東京・紀伊國屋ホール(紀伊國屋書店 新宿本店4F)にて『HEROES』出版記念講演会を開催。ヨシダナギさんご本人が、現地で体験したエピソードや、少数民族撮影の裏話の数々を携えて登壇。講演終了後には、サイン会もあるそうですよ。

 

イベント情報
『「HEROES」刊行記念 ヨシダナギ講演会「ヨシダ、紀伊国屋ホールに立つ」』
日時:5月21日(月)19:00 開演(18:30 開場)
場所:紀伊國屋ホール (紀伊國屋書店新宿本店4F)
入場料金:2,160円(全席指定)
チケット取り扱い情報:下記にて発売中。
〈店頭販売〉キノチケットカウンター (新宿本店5階/店頭販売 受付時間10:00~18:30)
〈オンライン〉キノチケオンライン(24時間受付)
問い合わせ:紀伊國屋ホール 03-3354-0141(営業時間 10:00-18:30)

『HEROES』ヨシダナギ(ライツ社)

1st作品集『SURI COLLECTION』から約2年。2ndにしてベスト作品集となる『HEROES』がついに完成。 世界中のヒーロー(少数民族)を撮影し続けるフォトグラファー・ヨシダナギの集大成となる一冊。1万人以上を集客して話題となった「ヨシダナギ写真展 HEROES」(2017年)にて発表された作品をはじめ、未発表の作品を多数収録。

All photo by ヨシダナギ
Licensed material used with permission by ライツ社

関連リンク

  • 5/17 15:00
  • TABI LABO

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます