魔法瓶の「サーモス」がハイレゾ対応ブルートゥーススピーカー

拡大画像を見る

ステンレス製魔法瓶などを手がけるサーモス(東京都港区)は、ブルートゥーススピーカー「VECLOSデジタル オーディオ システム SSB-380S」を、2018年5月25日に全国の家電量販店およびオーディオ専門店などで発売する。

エンクロージャーはステンレス製、独自の真空2重構造

高い剛性を持つステンレス製で、独自の真空2重構造のメタルシリンダー「真空エンクロージャー」を採用し、明確な定位と立体感ある音場、クリアなサウンドを実現した。

理想的な点音源を再現するために専用開発したというパイオニア製52ミリ・フルレンジスピーカーユニットを搭載。CDを超える高解像度「ハイレゾ音源」対応のUSB-DAC(デジタル・アナログ・コンバーター)機能、Windows/Mac向け音楽再生ソフトウェア「VECLOS HR Audio Player」により、複雑な設定は不要でDSD 11.2MHz、PCM 768kHz/32bitなどハイレゾ音源の再生を楽しめる。

専用設計のディスクリート構成で組み上げられたヘッドホンアンプ、4種類の転送モードから好みの音質を選択できるUSBデータ転送「Bulk Pet」に対応。また高音質オーディオ伝送技術「LDAC」対応のブルートゥース機能を備え、スマートフォン/タブレットやデジタルオーディオプレーヤー、パソコンなどからワイヤレスで音楽を再生可能だ。

最大45度まで5度刻みで角度を調整でき、デスクトップ環境での最適な設置を実現した。スピーカー接続ケーブル、電源ケーブル、ACアダプター、スピーカーケーブル(赤/黒各2)、USBケーブルが付属する。

価格はオープン。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 5/17 14:00
  • J-CAST

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます