私「窓側を譲ってくれてありがとうね!」 友達「は?」 通路側に座った友人が怪訝な顔をしたワケ

拡大画像を見る

飛行機の座席は、『窓側派』か『通路側派』かで好みが分かれます。

予約を入れる時、「自分の好みの座席が空いているかどうか」を重視している人もいるでしょう。

※写真はイメージ

隣同士の座席を予約して、友達や家族に「どっち側がいいか」と聞いた時…「もし自分と同じほうを選んだら」とヒヤヒヤすることもあるかもしれません。

一体、日本では『窓側派』か『通路側派』のどちらが多いのでしょうか。

意外!?選ばれた座席は通路側

総合旅行サイトの日本語版である『エクスペディア・ジャパン』が、フライトに関する意識の国際比較調査を実施。世界23カ国の男女1万8229名に、アンケートに答えてもらいました。

その結果、日本人は半数以上の53%が『通路側派』だと判明!

世界で唯一『通路側派』が半数を超え、世界でもっとも『通路側派』が多いと分かりました。下の棒グラフを見ると、インドとの差が歴然ですね。

「えぇっ、ウソ!私の周りには窓側が好きな子ばっかりだよ!」

そんな疑問の声もあると思います。

実は、年代別で見るとこのように差があるのです。

年齢を重ねるごとに、『窓側派』から『通路側派』を好むようになるのですね。

なぜ?それぞれの座席を好む理由

ネットには、多くの人たちが「なぜその座席を選ぶのか」という理由を投稿しています。

『窓側派』と『通路側派』、それぞれの意見を見てみましょう。

【窓側派の人たち】

・写真を撮りたいからいつも窓側を取る。

・外を見ないと、飛行機でも酔ってしまうので…。

・うちの子どもは窓側派。「通路側はつまらない」ってさ。

・なぜか座席にもたれて寝られない。壁に寄りかかりたいから、窓側派。

・通路側って、なんか周囲の人の会話がよく聞こえる気がしてイヤなんだよね。

【通路側派の人たち】

・だってトイレが近いから!

・通路側を取って、CAさんを見ているのが好き。

・足腰のために立って歩きたいから、通路側を取る。

・「事故があった時、通路側のほうが早く降りれるな」と思って予約。

・絶対に通路側。だって外国人が座ったら、「前を通して」ってどう伝えたらいいのか分からないんだもの。

窓側も通路側も、それぞれ愛している人たちがいる飛行機の座席。

今度から飛行機に乗った時に、「この人はどんな理由でこの座席を予約したのかな」と気になってしまいそうですね!

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 5/17 13:14
  • grape

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます