歌手の西城秀樹さんが死去

拡大画像を見る

歌手の西城秀樹さんが5月16日、急性心不全のため亡くなった。63歳だった。

広島県出身の西城さんは、高校時代に上京。1972年に「恋する季節」でデビューし、その後、大ブレイク。郷ひろみや野口五郎と共に“新御三家”と呼ばれ、昭和の歌謡界を彩った。

2003年に脳梗塞を発症。リハビリを経て復帰したが、2011年に再発。右半身麻痺の後遺症が残り、近年はリハビリとの闘いが続いていた。
  • 5/17 12:42
  • Narinari.com

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

3
  • 御冥福をお祈りいたします。 西城さんが、三人の中では一番好きでした。 残念です。

  • 年代的にはファンではなくても歌を口ずさめる歌手の一人でした。病に倒れられてからは、たまにテレビの画面で見かけるだけでしたが……合掌

  • 63歳だから若いのに、俺の年代の子供の頃のアイドルスターだったよ、良くモノマネしたよ御冥福をお祈り申し上げます

記事の無断転載を禁じます