カート・コバーンのギター、娘が失う

拡大画像を見る

フランシス・ビーン・コバーン(25歳)が、亡き父カート・コバーンのギターを巡る法廷争いで敗訴した。ロックバンド・ニルヴァーナのフロントマンで、1994年に自殺したカートの娘フランシスとその母コートニー・ラブは、フランシスの元夫であるアイザイア・シルバと、もとはカートのもであったギター「マーチンD−18」の所有権を巡って泥沼争いを繰り広げていたが、今回ギターはアイザイアに贈与するとの合意に至ったと米ゴシップサイト・TMZが報じた。

フランシスとアイザイアの離婚は半年前に成立しているが、未だ2人の所有物の分配をめぐって法廷闘争中で、2014年に2人が結婚した際にフランシスから結婚祝いとして貰ったとアイザイアが主張するそのギターもその中に含まれていた。

ある関係者はTMZに、フランシスは最終的にギターを手放したと話し、「彼女はアイザイアとこれ以上関わりたくなかったですし、この裁判に足を引きずられたくなかったのでしょう」と続けた。

宝ものを失ってしまったものの、フランシスは最終合意で大勝利だったと報じるTMZは、当初アイザイアに月額2万5000ドル(約275万円)の扶養料の支払いを求められていたフランシスが一銭も支払わずに済むことになったと伝えた。

さらに、アイザイアが弁護料を自身で負担しなければならないことや、2人が購入した家の所有権はフランシスへと渡ったことも報じられている。
  • 5/17 2:34
  • Narinari.com

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます