片岡鶴太郎、マネージャーへの“奇行”発覚で批判殺到 「完全にパワハラ」

拡大画像を見る

 5月10日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に、タレントの片岡鶴太郎(63)がゲスト出演。マネージャーに対するとんでもない行動を告白し、批判が殺到している。

 この日の番組では、「芸能界リアルクレーム!」のコーナーが放送され、出演者の近しい人たちからの“クレーム”が発表された。

 その中で、片岡のマネージャーの辻氏は、「最近師匠は、トイレが近くなり、車に携帯用のしびんを置いているのですが、用を足すたびにそのしびんを僕の顔に当ててきます」と片岡の“奇行”を暴露。さらに、片岡が車の前の座席に座るマネージャーの顔にしびんを当てて、満面の笑みを浮かべている写真が公開された。

 片岡によると、50歳をすぎてから頻尿になり、携帯用のしびんをいつも持ち歩いているのだという。そのしびんをマネージャーの顔に当てた理由について、片岡は「そのまんまだとつまんないから」と語った。

 また、片岡いわく、辻マネージャーはMっ気があるそうで、「嫌だ、嫌だと言いながら、ものすごくうれしそうな顔している」とコメント。これにダウンタウンの松本人志(54)は、「Mっ気あっても嫌でしょ」とツッコんでいた。

 そんな片岡の信じられない行動には、視聴者からもツッコミが殺到。ネットには「しびん押し当ててくるとか最悪」「完全にパワハラ」「こんなの絶対嫌でしょ」「たとえ年上だとしても、こんなことされたらブチ切れる」「こんな上司いたら、そっこう辞めてる」「100歩譲っても運転中にやるのはないわ」「訴えられたら絶対負ける」といった、片岡を批判するコメントが相次いでいた。

「片岡鶴太郎といえば、近年はヨガに傾倒しており、インド政府公認の『プロフェッショナルヨガ検定インストラクター』にも合格。毎朝6時間かけるストイックなルーティンを行っていることでも知られています。片岡は2017年に熟年離婚をしましたが、今年2月のイベントの中で“友達もかみさんも(ヨガ中心の生活で)いなくなりました”と自虐。もしかすると寂しさのあまり、ついマネージャーをからかってしまうのかもしれませんね」(芸能誌ライター)――心の広いマネージャーでよかった!?

関連リンク

  • 5/16 19:30
  • 日刊大衆

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

3

記事の無断転載を禁じます