今年も感性を刺激するあの夜がやってくる♡『六本木アートナイト』

拡大画像を見る

毎年初夏の季節になると、六本木の街を賑わせる『六本木アートナイト』。今年もその季節がやってまいりました!2018年のテーマは「街はアートの夢を見る」。今回はそんなテーマに沿った六本木の町中に点在するアートスポットの全容をご紹介します♡


六本木アートナイトとは?



『六本木アートナイト』とは2009年の開始から今回で9回目※を迎える六本木の街を舞台にした一夜限りのアートイベント。
今回の『六本木アートナイト 2018』は2018年5月26日(土)・5月27日(日)の2日間の開催。
大都市東京における街づくりの先駆的なモデル創出を目的に、東京を代表するアートの祭典として浸透しているんです。
夜通しアートを愛でることのできる、感性を刺激されること間違いなしなイベントです!

※2011年は東日本大震災により中止しました。


『六本木アートナイト 2018』メインプログラム


金氏 徹平 | 六本木ヒルズ



まずは六本木のメインスポット『六本木ヒルズ』で行われるプログラムをご紹介。
2018年『六本木ヒルズ』で行われるのは金氏 徹平の作品、《タワー》。

●金氏 徹平 《タワー》
「タワー」は、人間のように歌い、踊り、一夜の夢を描きだします。
「タワー」には、ミュージシャンのオオルタイチと柴田聡子、ダンサーの島地保武、女優の青柳いづみ、サウンド・アーティストの荒木優光と小松千倫、ドラムの和田晋侍、映像作家の山田晋平をはじめ、劇作家の岡田利規、アーティストのcontact Gonzoなどが集います。
金氏徹平が作り出すハイブリッドなコラージュ彫刻で造形と パフォーマンスの混淆を楽しむことが出来ます。



・日 時:5/26(土)18:00〜5/27(日) 6:00、11:00〜18:00
・場 所:六本木ヒルズアリーナ
・参加料:無料


鬼頭 健吾 | 国立新美術館



続いては六本木屈指のアートスポット、『国立新美術館』で行われるイベントをご紹介◎
『国立新美術館』では鬼頭 健吾氏の《hanging colors》、《broken flowers》が行われます。

● 鬼頭 健吾 《hanging colors》、《broken flowers》
カラフルな布の滝《hanging colors》は、黒川紀章による設計のガラスのファサードの形を浮き彫りにし、日中は外光が布を通して内部に色付きの夢を投影します。
屋内に留まった夢は、夜には光として街に溢れ出していきます。
また、《broken flowers》は 国立新美術館の正面玄関前、直径約10mのスペースに5,000個ほどの手鏡が敷き詰め、 花の映像を投影。美しい花は同時に空虚な夢や幻となります。



・日 時:5/26(土) 10:00〜5/27(日) 18:00
・場 所:国立新美術館
・参加料:無料


宇治野 宗輝 | 東京ミッドタウン



最後は『東京ミッドタウン』で行われるメインプログラム。
宇治野 宗輝氏が《ドラゴンヘッド・ハウス》を発表します。

● 宇治野 宗輝 《ドラゴンヘッド・ハウス》
自動車を「顎」に見立てた「DRAGON HEAD」シリーズの六本木バー ジョン。
カラーコーンと車と建築が一体になった、音と光が連動する 「動く彫刻」。
世界各地の展覧会でも披露しています。
車は家電製品や家具などと同等に大量生産と消費社会の20世紀をシンボリックに表していますが、世界中どこにでもある日常的なモノと技術を再構成し、近代 文化を再定義することに取り組む作家の代表作の一つです。



・日 時:5/26(土) 10:00〜5/27(日) 18:00
・場 所:東京ミッドタウン キャノピー・スクエア
・参加料:無料


六本木でアートな夜を体験♡


いかがでしたか?
今回は六本木の期間限定イベント『六本木アートナイト 2018』をご紹介いたしました。
感性を刺激される素敵な夜を六本木でお過ごしあれ!


詳しくはこちら

関連リンク

  • 5/15 14:01
  • aumo

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます