ホームで乗車位置を間違えた女性 当然、後ろから並び直すのかと思いきや…

拡大画像を見る

近年、駅のホームには、列車の乗車口が示されている『乗車位置』の表示が増えました。

乗車位置に沿って並んで列車を待つ、『整列乗車』を呼びかけている駅もあります。

乗車位置に沿って並ぶことで、ホームの混雑が緩和されてスムーズに列車の乗降ができるようになります。

ところが問題なのは、乗車位置が分かりづらいケースがあること。

各駅停車・急行・特急や、先発・後発・始発など…列車の種類によって、乗車位置が細かく分かれている駅もあります。

その路線を使い慣れている人でなければ、「自分が乗りたい列車は、どこに並べばいいか分からない」という問題が出てくるのです。

「次に来る○○行きは急行電車です。赤い枠の急行乗車位置にお並びください」

アナウンスが入る場合はあるものの、混雑し、慣れないホームで並ぶ位置を判断するのは難しいもの。

結果、列車がやって来て「ここじゃなかったのか!」と気付くケースは多くあります。

その際、本来並ぶべきだった列の一番後ろに並び直すのが、当然のルール。ところが、それができない人もいるようなのです…。

乗車位置に並んでいたけれど、間違えてしまったら?

乗車位置の一番前に並んでいた、とある年配の女性。列車がホームに停車し、自分の目の前にはドアがないことに気付きます。

やって来たのは快速列車で、ドアは1車両に2つ。女性は、3つドア用の乗車位置に並んでいたのです。

「やだ、ここじゃないのね!」

女性は、友人と連れ立って、バタバタとドアのあるほうへ走ります。当然、列の後ろから乗車するのかと思いきや…。

本来の乗車位置で並んでいた人の脇から、割り込みをしようとしたのです!

「この列車は2つドアです。3つドアの乗車位置にお並びになっていたかたは、後方へお回りください」

このように割り込みをするケースは多いのでしょう。駅員のアナウンスが入りますが、女性はそのまま乗車してしまいました。

女性を目にして、不快そうな表情を浮かべる人も。とはいえ、「それ、割り込みですよ」と指摘するのは勇気がいるものです。

中には、声を荒げて「オイ、割り込んでんじゃねえぞ!」と注意する人もいますが、周りで聞いている人にとっても、気分のいいものではありません。

割り込みをした女性のいい分は、「私は並んでいたから、割り込みじゃない」なのかもしれません。

分かりづらかったからといって、場所を間違えたことを棚に上げた、とても自分本位な考えかたです。

駅は、見ず知らずの多くの人たちがすれ違う場所です。お互いを思いやる気持ちを持たなければ、次に不快な思いをさせられるのは自分かもしれません。

・分からなければ、係員に質問をする。

・自分に落ち度があったら、相手を優先する。

・迷惑をかけたら、素直に謝る。

シンプルなことで、過ごしやすい環境が作れるはずです。マナー違反をしている人を見かけたら、自分が似たようなことをしていないか、振り返ってみるのも必要なのかもしれません。

※記事中の写真はすべてイメージ

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 5/13 16:48
  • grape

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

13
  • この編集部ってバカなの?イメージって言っときゃなんでもアリだとでも?それとも「だからイメージって言ってんじゃん」て嘲笑ってんの?タイトルの釣りよりたちが悪いね。内容そのものはそんなに悪くないけど(あくまで“そんなに”だけどね)これにOK出した責任者がサイテーか?

  • いちすけ

    5/14 14:52

    並び間違えたら後ろ…仮に正しい位置に並んでた人から「どうぞ」と言われたとしても、気持ちの悪さは個人的に感じるから、1番後ろにまわるか、正しい位置に並んでた人たちが全員入ってから、入る様にするなぁ…我先にと押し退けたところで所要時間も変わんないしね(^^;

  • アレックス

    5/14 14:22

    連休くださいさん、見た目と思い込みだけでコメントしてるからじゃないですかね?あと何度指摘されても同じことを繰り返すから、かな。

記事の無断転載を禁じます