木下優樹菜、ダレノガレ明美、藤田ニコルが“おバカ”封印へ! 「もう使えない」その理由とは!? 

拡大画像を見る

 一時期、芸能界を一世風靡した“おバカタレント”。そこから売れっ子になった者が多数いるが、皆、それぞれの事情でイメージチェンジを図っているようだ。

 まず、子どものためにおバカ脱却を志しているのが、ママタレントとして絶大な支持を誇る“ユッキーナ”こと木下優樹菜。木下は3月29日、自身のInstagramに「一年生から六年生まで届いたから…だぁがやりなさいって言うから…娘の為にがんばります」というコメントと共に、小学4年生用の漢字ドリルを手に持っている自撮りをアップ。コメントにはハッシュタグで「#こないだ会話で分数全くわかんなくて#旦那にまじでイラつかれた#算数ドリル買ってきたから#一からやってよ#切実なお願いすぎて#何も言えなかった…」ともつけており、分数がわからないことも告白していた。

「木下さんは昨年6月の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)にて、当時4歳の長女の教育方針で夫と揉めているとカミングアウトしています。木下さんは公立小学校でのびのびやらせたいが、夫であるFUJIWARAの藤本敏史さんは私立に行かせたいとのこと。もし私立小学校に行きたいならお受験ということになりますので、親の面接も必要になってきます。藤本さんは娘さんの将来も見据えて、木下さんにもう少し勉強を頑張って欲しいと思ったのでは」(芸能事務所勤務)

 また、アパレルブランドを立ち上げたため、ブランドイメージを傷つけないためにおバカを封印しようとしているのがダレノガレ明美。ダレノガレは昨年12月にアパレルブランド『CAROME』を立ち上げている。ダレノガレは4月12日放送の『秘密のケンミンSHOW&ダウンタウンDX春の合体2時間SP』(日本テレビ系)に出演した際、自身のブランドについて「全部デザインして、工場にも直接行って交渉している。全部自分で」と説明し、売上を尋ねられると「おかげさまで」と好調であることをアピール。それを聞いたダウンタウンの松本人志がバラエティの仕事にやる気がないのではと問うと、ダレノガレは否定したものの「前みたいに変な事は言えない」とも。「ブランドイメージがあるので、一つの汚い言葉を言うのにも言い方を考えたりとか……」と守りの姿勢にならざるを得ないことを明かし、ダウンタウンの浜田雅功に「言っちゃえよ! 言ってつぶれちゃえ!」などとツッコまれ、苦笑していた。

 また、同じくファッションブランドをプロデュースしている藤田ニコルも、おバカ脱却組の1人。藤田はプロデュースするファッションブランド「NiCORON」の1号店を今年2月にSHIBUYA109にオープンさせるなどしているが、彼女も最初はおバカタレントとしてブレイク。しかし、4月13日の『ダウンタウンなうスペシャル』(フジテレビ系)では「今まで学ぶことを避けてきたけど、番組に出ているうちに学ぶことに目覚めた。『おバカでお願いします』と言われても無理」と語っている。藤田は、自分がかしこくなった原因を“クイズ番組に出すぎて頭が良くなった”と分析。そこで、番組で故事・ことわざの質問に挑戦したところ、最初の「笑う門には福来たる」は正解したものの、その後は「2階から飛び降りる」「一寸の虫にも息がある」と間違いまくりで、共演者を爆笑させている。

「藤田さんは勉強が嫌いということで物知らずではあったが、トーク番組などのコメントなどは初めから光る物があった。ですので、業界では“頭の回転が速い子”として一目置かれています。藤田さんが知識や教養を身につけ、知性派タレントに転身するのも時間の問題では」(テレビ局勤務)

 おバカ脱却の理由は人それぞれだが、タレントとしての面白さが半減しないようにしてほしいものだ。

  • 4/23 13:00
  • サイゾー

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

1
  • カックン

    4/24 7:49

    おバカを使うとか使わないとか、アレなんとかが言ってた芸能人はオーラを出したり引っ込めたりしている と同じ捉え方でいいんですかね…

記事の無断転載を禁じます