林修先生「近い将来、池袋がなくなる」発言に驚きの声続々

拡大画像を見る

 4月15日に放送された『東大王&林先生が驚く初耳学! 合体4時間SP』(TBS系)は“日本を待ち受ける恐ろしい事実”を特集。司会の林修先生(52)が近い将来に、東京の大都市、池袋が消滅してしまうかもしれないと漏らす場面があった。

 林先生は、まずモニターに新宿、渋谷、品川、東京、上野、池袋の山手線の図を出し「この中でどこがなくなる可能性があるか?」と出演者たちに質問。ハライチの澤部佑(31)が「全部デカいじゃん」と驚くと、林先生の元教え子で『東大王』で活躍する伊沢拓司(23)は「池袋が一番いらないのかな?」と回答。スタジオがザワつき、澤部が「とんでもねえこと言うな~」とツッコミを入れる中、林先生は「そうです。正解です」と笑顔を見せた。

 女優の岡本玲(26)が、「でも、池袋ってけっこう人たくさん住んでません?」と質問すると、林先生は「厳密には、ある研究機関が発表した“将来人口減少によって自治体の存続が厳しくなりそうな“消滅可能性都市”に選ばれたのが豊島区だったんですよ」と補足。

 林氏の説明によると、豊島区の単身者の平均年収は約240万円と、他の区に比べ低い。林氏はそのデータを引用し、その状況で家庭を持って子どもが生まれた場合、家賃の高い豊島区では生活が大変になるため、他の区に引っ越してしまうと説明し、「そういうことが続くと、何年かたつと当然人口は減るんじゃないか」という驚きの可能性を告げ、出演者を驚かせていた。

「この日の放送は『東大王』との合体番組で、林先生の熱弁もいつもより数倍加熱していました。他には“8年後に四国が消滅する”“輸血用の血液が消滅する”といった説で番組を盛り上げていましたね。あくまでも林先生の考えではなく、“新説の紹介”ですが、林先生が語るとリアルに聞こえるから不思議です」(テレビ誌ライター)

 ゲスト出演した女優の杉咲花(20)も、こうした解説がなされるたびに困惑した表情を見せていたが、ネットも大盛り上がり。放送後には「林先生マジか……あのラーメン屋に行けなくなったらショックだ」「確かに、池袋は独身しか住めない街という気はするな、本当になったら凄いな」「池袋、世界で一番好きな場所だからなくならないで」といった声が多数上がった。

関連リンク

  • 4/22 20:00
  • 日刊大衆

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

11
  • 林先生🎵あたるも八卦❔

  • 咲くの

    4/24 13:42

    田舎が人口増加

  • エッコ

    4/24 12:43

    日本全国人口は減少するよね。ってか日本人が減って外国からの移住者が増えて、最終的には日本という名のアメリカみたいな多国籍国家にでもなりそう。

記事の無断転載を禁じます