DeNA凱旋登板の飯塚の今季初勝利消える エスコバーが逆転2ラン浴びる

拡大画像を見る

DeNAの飯塚悟史投手が17日、故郷の新潟で行われた巨人戦(ハードオフ新潟)に先発。6回途中に勝利投手の権利を持ち降板したが、2番手のエスコバーが逆転2ランを浴び今季初勝利&凱旋勝利が消え去った。

1点リードの6回2死から岡本に左前打を浴び降板したが…

 DeNAの飯塚悟史投手が17日、故郷の新潟で行われた巨人戦(ハードオフ新潟)に先発。6回途中に勝利投手の権利を持ち降板したが、2番手のエスコバーが逆転2ランを浴び今季初勝利&凱旋勝利が消え去った。

 DeNAは1点を追う3回に2死から大和が中前打、筒香が四球を選ぶと続くロペスが左前適時打を放ち同点。さらに宮崎が右前タイムリーを放ち逆転に成功した。

 先発の飯塚は走者を許しながらも要所を締め5回まで1失点の好投を見せた。6回も先頭のゲレーロ、マギーを簡単に打ち取り2死を奪ったが、続く岡本に左前打を浴びるとラミレス監督がベンチを飛び出し交代を指示。2番手にはエスコバーがマウンドに上がったが続く亀井に右翼席へ逆転2ランを浴びた。

 新潟出身の飯塚は昨季も新潟での試合で先発予定だったが、雨天中止となり凱旋登板は幻に終わっていた。この試合までは白星はないものの2試合に登板し防御率1点台をキープするなど好投を続けていた。(Full-Count編集部)

関連リンク

  • 4/17 19:52
  • フルカウント

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます