監督ペップの輝かしい経歴

拡大画像を見る

ペップ・グアルディオラはマンチェスター・シティで今シーズン(2017/2018シーズン)のプレミアリーグ優勝を達成し、そのスペクタクルな経歴をさらに輝かしいものとした。
これでペップは今シーズン、リーグカップに続く2つ目のタイトル獲得となった。

ペップは監督としてこれまで合計23タイトルを獲得している。その内訳はバルサで14、バイエルン・ミュンヘンで7、マンチェスター・シティで2となっている。

今回、グアルディオラは自身23個目のタイトル獲得でイタリア人監督のジョヴァンニ・トラパットーニと並び、ブラジル人監督のルイス・フェリペ・スコラーリとポルトガル人監督のジョゼ・モウリーニョが持つ25タイトル、ジョック・ステインの26タイトルに近づいた。
その先にはウクライナ人監督ヴァレリー・ロバノフスキー(30)、ルーマニア人監督ミルチェア・ルチェスク(32)、そして49タイトルという最多記録を持つスコットランド人監督サー・アレックス・ファーガソンがいる。

ペップの23タイトル

■FCバルセロナ

2009(6):リーガ、欧州チャンピオンズリーグ、コパ・デル・レイ、スーペルコパ・エスパーニャ、

2010(2):リーガ、スーペルコパ・エスパーニャ

2011(5):リーガ、欧州チャンピオンズリーグ、スーペルコパ・エスパーニャ、ヨーロッパスーパーカップ、クラブW杯

2012(1):コパ・デル・レイ

■バイエルン・ミュンヘン

2013(2):ヨーロッパスーパーカップ、クラブW杯

2014(2):ブンデスリーガ、ドイツカップ

2015(1):ブンデスリーガ

2016(2):ブンデスリーガ、ドイツカップ

■マンチェスター・シティ

2018(2):リーグカップ、プレミアリーグ

関連リンク

  • 4/16 21:18
  • SPORT.es

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます