最も「信頼できる」メディアは?――1位テレビ、2位ネット、3位新聞という結果に

拡大画像を見る

ジャストシステムは4月12日、『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2018年3月度)の結果を発表した。「春」をきっかけとしたSNS利用の変化について聞いたところ、およそ3割の人が何らかの形で「SNSの利用を見直し」をしていると回答していた。(文:okei)

 

調査はインターネットで 2018年3月29日~4月3日に実施。15歳~69歳(均等数)の男女1100人の回答を分析した。

若者は男性の方がSNS「断捨離」傾向

Facebook、Twitter、LINE、InstagramのいずれかのSNSを利用している人のうち、この春、「利用している SNSの一部を整理した(利用を停止した)」と回答した人は、全体で9.1%。年代別で割合が高いのは10代で、男性29.5%、女性は18.4%だった。

「つながっている個人アカウントを整理(解除、ブロック)した」のは10.2%で、これも男性の10代(27.3%)、20代(22%)の割合が高い。一方、女性は10代(26.5%)、20代(9.5%)で差が開いた。他の世代は9~5%台で、50~60代女性だけは1%台だった。

やはり、若い世代のほうがマメにSNS上のつながりを整理することが多いようだ。ちなみに「最も多く整理(解除やブロック)したSNS」のトップは「LINE」(47.3%)で、卒業がきっかけになると考えられる。その中で、女性より男性のほうが断捨離する傾向が強いことが分かり、興味深い。

「SNSそのものの利用をやめた」人も1%おり、全体で25.1%の人が、何らかの形でSNSの利用を見直していた。「つながっている企業アカウントを整理(解除、ブロック)した」(10.4%)、「つながっているタレントなどのアカウントを整理した」(7.8%)という結果もある。

若者の「テレビ離れ」はウソだった?

また、様々なメディアが多くのコンテンツを配信する中、「最も信頼できるコンテンツ」を配信していると思うメディアを聞くと、

1位:「テレビ」(22.2%)
2位:「インターネット」(21.5%)
3位:「新聞」(20.7%)

という結果だった。「あてはまるものはない」と答えた人も27.4%いた。

テレビを支持している層を細かく見ると、最も高いのは10代女性で46%とダントツ。女性は20~60代が全て20~25%と大きな違いは見られなかった。一方、男性でも10代(34%)が最も高く、50~60代(25%)、20代(19%)、30代(15%)、40代(13%)と続いた。どちらかというと、30~40代の支持が低い。

「若者のテレビ離れ」などと聞くことがあるが、まだまだテレビの影響力は大きいようだ。ただ、どれもわずかな差ではある。10代男子の14%は、最も信頼できると思うのが「SNS」だった。

関連リンク

  • 4/13 7:00
  • キャリコネ

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

16
  • 玉葱

    4/17 2:07

    信頼出来る順位じゃなくて、個人の嗜好に合う気分が良くなるコンテンツでしょ…。一応、テレビ放送は法律の規制がある分、偏向は少ない方だけど、ネットは放送法の外で自由って言う混沌の世界。嘘だろうが事実だろうが自分の考えに近ければ気分が落ち着くんだろうね…。まぁ平たく言えば無責任に好き勝手出来る場所だから。新聞も社説だとか報道の自由だとかで、言い方次第の微妙な偏向を誘おうとする場合もあるし…。

  • 世の中、何が正しいのかわからなくなるね。最近のニュースを見るたびに常々思う。

  • 脱走兵

    4/17 0:17

    トヨタのリコールは報道しない。だってスポンサー様だから。のテレビを信用するヤツは初代プリウスに乗って事故ればいい。

記事の無断転載を禁じます