ファン離脱も不可避?ゆず、新アルバムの「愛国ソング」が大炎上!

拡大画像を見る

 2017年末の紅白歌合戦で初の大トリを務めた人気デュオ・ゆず。

 路上ライブからキャリアをスタートしデビュー21周年を迎えた現在も、絶大な人気を維持している。

 彼らは4月4日に約2年3カ月ぶりとなるオリジナルアルバム「BIG YELL」を発売。発売1週間で約8万枚のヒットを記録した。

 そんなゆずについて「『BIG YELL』を巡って心配な話が囁かれているんですよ」と明かすのは音楽レーベル関係者だ。ニューアルバムを巡る心配な話とは──。

「アルバムの後半に収録されている『ガイコクジンノトモダチ』の歌詞が『“右寄り”の政治的スタンス』としてSNS上で炎上しているんですよ」

 いったい、どんな歌詞なのか。音楽レーベル関係者が続ける。

「外国人の友達との交流を通じて日本について改めて考えるという内容なのですが『美しい日本』『靖国の桜』といった“いかにもなワード”が散りばめているんです。さらには『国歌はこっそり歌わなくちゃね』『国旗はタンスの奥にしまいましょう』といわゆる“左寄り”の考えをヤユするようなフレーズまで出てきます。非常に思い切った歌詞で、音楽業界でも驚きの声が聞かれます」

 さらに、この曲を聞いて「応援したくなくなった」との書き込みもネット上に散見され、「ガイコクジンノトモダチ」を認めるかどうかでファン同士の議論も勃発している。

「一部のファンの離脱は避けられない状況です」(前出・音楽レーベル関係者)

 波紋を広げるゆずの「愛国ソング」。今後の展開を見守りたい。

(白川健一)

関連リンク

  • 4/12 17:59
  • アサ芸プラス

今日のおすすめ [PR]

この記事のみんなのコメント

19
  • ただいちゃもんつけたいだけ。そういうふうな生き方しかできないんだろうね。なんかかわいそう。

  • 日本人の心を歌って何が悪い? それを右寄りというあなた達が非国民なだけ… 素晴らしい歌詞だと思います!

  • マキマキ

    4/15 11:34

    反日工作員がキレた所で痛くも痒くもありません。日本人が日本を愛して批判される意味が全く理解不能。日章旗・旭日旗・君が代を否定する反日工作員の皆さん、なぜ否定するのか、理解出来る説明をして下さい。私達が納得出来る説明が出来ないなら、あなた達が愛してる朝鮮に黙って帰って下さい。

記事の無断転載を禁じます