高橋由美子、過去にも某大物俳優と不倫疑惑…夫人が自殺未遂か

拡大画像を見る

 妻子ある男性との不倫報道で批判を受けている女優の高橋由美子(44)。スクープした「週刊文春」(文藝春秋/3月22日号)内で不倫相手の妻は高橋に対して、「あなたが家庭を壊した」と訴えているが、今回のケースとは別に「私も高橋由美子に夫を奪われた」と主張する大物俳優A夫人について、その知人の証言を得た。

「今から約10年前、テレビや映画などで大活躍するAさんの奥さんと仲良くなって、ご主人の不倫の相談に乗ってあげていたことがありました。ご主人の浮気が発覚したのは携帯電話のメールから。『君と一緒になりたい』『今の妻とは別れる』といった文面を奥さんが発見してしまった。送信先には『由美子』と書かれてあったので、『どこの由美子?』とご主人に突き詰めたところ、仕事で共演したことのある高橋由美子さんだと白状したそうです」(俳優の妻の知人)

 信じていたAに裏切られ、正気を失った奥さんは、Aから携帯電話を取り上げ高橋とは連絡を取れないようにしたという。不倫メールの内容をたどっていくと、埼玉の大宮にある高橋の実家の理髪店に、Aはわざわざ出向いてカットしてもらっているといった文面が出てきたほど密な関係だった。理髪店裏の土手で撮られたツーショット写真もあったという。「もう高橋とは会わない。関係は断つ」と約束したAだが、裏でこっそり2人だけの携帯電話を新たに契約して、密会は続いていた。

「ある日、奥さんは『Aが家に帰って来ない!』と取り乱し始めたんです。急いで自宅マンションに駆けつけると、3階のベランダから飛び降りて、病院に運ばれたあとでした」(同)

 幸い奥さんは軽傷で済んだという。奥さんが自殺未遂騒動まで起こしたことに罪の意識を感じたのか、それ以降、Aは高橋との不倫の関係を清算したようだった。

 高橋は人気絶頂の17歳のとき、14歳年上の男性と5年間にわたって不倫関係にあったことを週刊誌で暴露している。

「彼には奥さんと子供がいました。そのことを知らなかったなどというつもりは全然ありません。でも当時は彼しか見えなくなって」(「週刊ポスト」<小学館/2001年7月30日発売号>より)

 また今年1月9日に放送された『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)内では、理想の男性像について「幼い頃は竹脇無我、中学時代は津川雅彦、今は北大路欣也」と、年配俳優を挙げていた。高橋は同番組内で次のように語っている。

「実家が床屋でおじさんのなかで育ったので、すごいファザコンなんです。中学までお父さんとお風呂に入っていたし、今でも裸でウロウロできる。絶対譲れない条件は、10歳以上年上であること」

 元正統派アイドルでもある高橋は、近年は「酒豪オヤジキャラ」として再ブレイク中だっただけに、今後は魔性の女として新たな境地で活躍してもらいたい。
(文=編集部)

  • 3/16 19:35
  • Business Journal

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます