岡田麿里×P.A.WORKS最新作『さよ朝』はこうして生まれた!

拡大画像を見る

全国11都道府県12劇場で一般試写を行い、いよいよ2018年2月24日(土)より公開となる劇場アニメ『さよならの朝に約束の花をかざろう』(『さよ朝』)の完成披露イベントが2月13日(火)に新宿バルト9で実施されました。『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(『あの花』)『心が叫びたがってるんだ。』(『ここさけ』)で脚本を務めた岡田麿里さんの初監督作品である本作。今回のイベントには岡田さんに加え、制作スタジオ“P.A.WORKS”代表の堀川憲司さん。そして、本作で初めて主役を演じる石見舞菜香さん(マキア役)が登壇し、作品へ賭ける意気込みを語りました。

 
岡田さん自ら願い出た監督という大役

http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1518517115 (【岡田麿里×P.A.WORKS最新作『さよ朝』はこうして生まれた!】の写真付き記事はこちら)
MCはニッポン放送アナウンサーの吉田尚記さんが担当。その紹介で3名が登場すると、まずは本作の制作の経緯を堀川さんと岡田さんに伺っていくことに。企画の始動から5年、制作に3年を費やしたという本作ですが、堀川さんによる「いつか岡田麿里の100%をさらけ出した作品を見てみたい」という言葉から始まったそう。


その言葉を受けた岡田さんは、堀川さんに勢い勇んで監督をやらせてほしいと頼み込んだのだとか。その際の岡田さんを振り返った堀川さんは、端から見ても緊張していることがわかるような様子で「監督をやらせてください」と言われたことを明かしました。

そんな覚悟を受けて監督となった岡田さんは、今回の作品をファンタジーにした理由を、過去に自分が見てワクワクした作品がファンタジーであったこと。そして、普段よりも型にはまらない地続きの感情を描きたかったと話します。

堀川さんはどんな作品が来ても歓迎するつもりだったそうですが、ここで吉田さんから挟まれたのが『花咲くいろは』が元々温泉旅館の物語ではなかったという衝撃の事実。堀川さんは作品を作るにあたってはテーマしか提示をしないそうで、世界観やどういうキャラクターが活躍するのかのアイディア出しは別なのだそう。

『さよ朝』の世界では10代で外見の成長が止まる長命な種族が登場しますが、これは『凪のあすから』や『あの花』のように「みんなの時間の進み方が違うことで起こる感情の物語」を意図していたこと。そして岡田さんはオリジナル作品かつ監督作でもあるので、自分の好きなところを掘り下げたことを明かしました。


石見さんの声を聴いて“みつけた”と記す
そんな本作で映画初主演となる石見さんにオーディションのことを聞いていくと、キャラクターの絵がわからないままに設定とセリフだけで演じなければならなかったことを話しました。当時はオーディション自体に慣れていなかったそうですが、一生懸命に向き合ったことが結果に繋がったのだとか。

石見さんがマキアとなる決め手を岡田さんは、オーディション用の資料に「みつけた」と書き記していたほどだったそう。それを聞いた石見さんは、泣きそうになりながらも本作のオーディション当日の日記を振り返っていました。

読み合わせでの話題のなかで、堀川さんは本読みの際に映像を観ずにキャストに読んでもらったものを録音していたことを語ります。これは後々参考にして絵を描くためのものだったそう。

また、岡田さんによると脚本制作にあたってのシナリオ打ち合わせで最初から肯定されるような状況だったとのこと。それで逆に不安になったそうで、何度も書き直すことになったようです。

声にキャラクターの表情を近づけるための作業があったことや、完成した作品の感想を伺っていくと、最後の追い上げ期間でさらなるクオリティアップがあったことがわかりました。

そんな本作の公開まで残りわずか! 『true tears』『花咲くいろは』『凪のあすから』に続くP.A.WORKSと岡田麿里さんによる劇場アニメ『さよならの朝に約束の花をかざろう』。2月24日はぜひとも劇場へ訪れて、この物語の世界に浸ってみてはいかがでしょうか?

[取材・文・撮影/胃の上心臓]

(C)PROJECT MAQUIA

関連リンク

  • 2/14 18:30
  • アニメイトTV

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます